50歳ですが、いまさらNISA始めてもいいですか

個数:1
紙書籍版価格
¥1,870
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

50歳ですが、いまさらNISA始めてもいいですか

  • 著者名:鬼塚祐一
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • フォレスト出版(2024/04発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784866802725

ファイル: /

内容説明

■人気YouTuberが50代以降のNISA実践法を初公開!

NISAとはあなたが投資をした「利益」に「税金がかからない」ようにしてくれる制度です。
これまでのNISA制度にはいくつかの欠点があったため、国民の間にイマイチ普及していませんでしたが、
2024年1月から始まった新NISA制度ではそれらの欠点が大幅に改善されました。

「そうは言っても投資、それも積立投資を始めるには、もう50歳を過ぎてるし……」
「いまさらNISAなんて始めても意味がないのでは……」

このように腰が引けている人が大勢いるようです。

また、とある有名な投資系ユーチューバーが「50代以降は投資なんてしないで節約して質素に暮らすべき」と
主張しているのを聞いて、絶望してしまった50代の方も多いようです。

結論から申し上げます。

50歳以上で投資を始めることは決して遅くはありません。
今から始める価値は十分あります。

著者の周りには50代から積立投資を始めて、60代でひと財産を築いた人たちがたくさんいます。みなさんどの方も投資の知識ゼロだった投資初心者です。


■なぜ、知識ゼロの投資初心者が着実に資産を増やせているのか?

知識ゼロの投資初心者が着実に資産を増やせている理由。

それは本書でたっぷり解説している「手間暇がかからない投資法」を実践しているからです。

手間暇がかからない投資法のポイントは3つ。

その1 分散投資であること
その2 長期投資であること
その3 1年に1回リバランスすること

このポイントは長期積立投資の王道メソッドとしてご存じの方も多いでしょう。

ただし、50代以降の積立投資には注意すべき点があります。

それは――
「リスクコントロール」です。

30代、40代と違って、働きながら積み立てることができる期間が限られています。
定年退職を迎えた瞬間にブラックマンデー級の大暴落が……なんてことも十分にありえます。

そんな事態に備えて投資すべきなのが「債券」。

◎株式と債券はどのように分散投資すべきか?
◎具体的な銘柄はなに?
◎65歳以降毎月取り崩して運用する「じぶん年金戦略」とは?

■本書はかなり具体的に、これまでにない「50代以降の投資指南書」として情報を絞り込みました。
日本では珍しい、金融商品の仲介を一切しないファイナンシャル・プランナーである著者が、
金融機関への忖度を一切せずに、50代からの着実な投資法をあますところなくお伝えします!

本書を読んで実践すれば、誰もが将来のお金の不安から解放されることは間違いありません。

■本書の章立て
第1章 50歳からNISAを始めても手遅れではありません!
第2章 新NISAって何がお得なの?
第3章 なぜ、「50代以降は投資なんてやめておけ!」と言われるのか?
第4章 着実に資産が増えていくNISA活用術
第5章 リスク管理の王道「債券」を制する
第6章 50歳からのNISAの始め方―実践ステップと投資銘柄

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

shun

3
積立投資について、とても分かりやすく解説しています。 分散投資、長期投資、リバランスの3点と、債券を組み入れること、がポイント2024/04/14

ゼロ投資大学

2
2024年からNISA制度が大きく改正され、資産運用の大きな味方となった。50歳以上の人にとっては、運用期間を充分に確保できるか見通しが立たないことから投資を躊躇する人も多いが、ぜひ始めるべきだ。本書が勧める投資の合言葉は、「分散投資・長期投資・リバランス」の3つである。幅広く分散されたポートフォリオを持つことが重要で、株式と債券を組み合わせることが理想的だ。2024/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21870993
  • ご注意事項