新潮新書<br> なぜこんな人が上司なのか(新潮新書)

個数:1
紙書籍版価格
¥836
  • 電子書籍
  • Reader

新潮新書
なぜこんな人が上司なのか(新潮新書)

  • 著者名:桃野泰徳【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 新潮社(2024/03発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106110351

ファイル: /

内容説明

責任は取らず、手柄は自分のものに。失敗の本質を見抜けず、数字も時代の変化も読めず、無駄な努力を続ける。見当違いの対策を無理強いする――「あの人のことだ」と頭に浮かんだならば、ぜひ本書を開いていただきたい。無能な上司、経営者らの抱える根本的な問題と、そうならないための有益なアドバイスが詰まっているからだ。リーダー教育不在の日本企業に、ユーモアと新鮮な知見を込めた痛烈な一撃を食らわす一冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

40
リーダー教育不在の日本企業で無能な上司、経営者らの抱える根本的な問題を指摘して、これからの目指すべきリーダー像を考える1冊。責任は取らず、手柄は自分のものに。失敗の本質を見抜けず、数字も時代の変化も読めず、無駄な努力を続ける。見当違いの対策を無理強いする。人望を失う行為、組織を壊している行為を取り上げ、リーダーとして何を意識すべきなのかを考察していて、構成的にやや読みにくさもありましたが、時代が大きく変わりつつあるからこそ、リーダーの意思決定や取り組み、そのふるまいが今まで以上に重要になってきていますね。2024/04/18

メタボン

30
☆☆☆☆ 話があちこちに飛ぶのはちょっと戸惑ったが、優れたリーダーの実例が多く挙げられ、参考になった。勝ちたいと負けないの違い。優秀な人材を欲しがるのは無能。最凶のパワハラは無駄な仕事。可能性を信じる。失敗はすべて自分の責任、成功はすべて周囲の手柄。2024/05/01

GAKU

29
うーん、いまいちでした。2024/05/12

みこ

19
部下目線のタイトルだが、自分自身がそれなりの年齢に達したこともあって、人を使う立場になったので、自分を戒めるつもりで読んでみた。幸い(?)私は面倒臭がりで人任せなので、本書にあるような自分の手柄のために組織を殺すことはしてなさそうだ。ただ、今後の自分に役に立ちそうな話はチラホラあったものの、本全体として話が散らかっている印象は否めない。とりあえず一つの話は結論まで一直線で語ってもらいたかった。2024/05/09

ベンアル

10
カフェにて読んだ本。ここ最近、仕事のモチベーションが上がらず、タイトルを見て読むことにした。朝日新聞GLOBEに掲載したリーダー論について反響が大きかったものを紹介している。後ろめたいタイトルながら、過去の歴史家や資産家の紹介だった。1つの章に2つの物語が混在して読みにくい。2024/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21836730
  • ご注意事項