創元文芸文庫<br> イギリス人の患者

個数:1
紙書籍版価格
¥1,320
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

創元文芸文庫
イギリス人の患者

  • ISBN:9784488805036

ファイル: /

内容説明

王に名を消し去られた風、部族ひとつを溺れさせる砂の海、泳ぐ人々が壁一面に描かれた泉の洞窟――妖しくも美しい情景が、男の記憶には眠っていた。砂漠に墜落し燃え上がる飛行機から生き延びた彼は、顔も名前も失い、かつて野戦病院だった屋敷で暮らす。世界からとり残されたこの場所に、一人で男を看護する女性、両手の親指を失った泥棒、爆弾処理班の工兵と、戦争の癒えぬ傷を抱えた人人が留まり、男の物語に耳を傾ける。それぞれの哀しみは過去と現在を行き来し、記憶と交わりながら、豊饒な小説世界を展開していく。英国最高の文学賞、ブッカー賞五十年の歴史の頂点に輝く長編。/解説=石川美南

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

buchipanda3

109
「砂漠は風に舞う布。誰のものでもなく、誰も所有できない」。四人が集う場所は戦争の終結を迎えるフィレンツェの古い屋敷。しかしその者たちの心はそこには無い砂漠へ誘われる。戦争の疵を癒すように互いの物語を語る四人。中でも火傷で何者か判別できない患者による愛の物語はそれぞれが抱えるもどかしさを浮かび上がらせる。国があることによる戦争。区別があることによる疎外感。向き合った生死の意味。彼は砂漠の無色無地を擬した喩えのよう。理想から遠い現実はいつか辿り着くのか。静かな月の光を思わせる端正な文章に浸りながら読み終えた。2024/01/21

翡翠

18
これは物語ではなく、詩の寄せ集めではないのか?そんな問いの答えを確かめるためにひたすら読んだ。これは誰のいつの語りなのか、自分自身が砂嵐に埋もれていくような感覚。久々に辛い読書だった。2024/03/22

きゃれら

18
再文庫化をきっかけに3年半ぶりの再読。初読では全然読み取れていなかった「美しさ」を堪能した。お話の結末も、いかにも小説らしい美しさだった。ベスト・オブ・ブッカー賞に選ばれるのもわかる。終盤の出来事は、ここで十二分に描かれている戦争の悲劇が、また次の段階に移ってしまった恐ろしさを描いているのだろう。オンダ―チェさんのほかの作品も読んでみようと思う。2024/01/29

ケイトKATE

15
第二次世界大戦末期のイタリアで、全身大火傷を負った「イギリス人の患者」と呼ばれる謎多き男性をめぐる物語。「イギリス人の患者」を献身的に看護をするハナ、ハナの父親の友人でイギリス軍スパイだったカラバッジョ、イギリス軍の爆弾処理班の工兵であるインド人のキップが関わり、やがて「イギリス人の患者」の正体が明らかになっていく。『イギリス人の患者』はブッカー賞50周年記念で最も優れた作品に選ばれている。確かにマイケル・オンダーチェ書く文章は詩的で美しいものがある。だが、靄が掛ったような構成に正直夢中になれなかった。2024/04/13

Vincent

11
以前から読みたかった名作の再文庫化。第二次世界大戦末期のイタリア。荒廃した屋敷に残った男女4名は戦争に翻弄されてそれぞれ心に深い傷を負っています。作者は極上の端正な語り口で少しずつその事情を示唆していきます。テーマは反戦?数年ごとに再読したい秀作。2024/02/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21709210
  • ご注意事項