電撃文庫<br> 灼眼のシャナSIV

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
灼眼のシャナSIV

  • 著者名:高橋弥七郎【著者】/いとうのいぢ【イラスト】
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • KADOKAWA(2023/11発売)
  • たのしいひな祭り!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~3/3)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784049152722

ファイル: /

内容説明

新世界『無何有鏡(ザナドゥ)』。この混沌に包まれた楽園を進む、2つの影があった。
 その正体は『炎髪灼眼の討ち手』シャナ、そして『廻世の行者』坂井悠二。二人はこの新世界に秩序をもたらすため、今なお戦い続けていた――。
「なにもかも、先は長いな。道も、険しい。でも、長く進むに、値する道だ」
 本編完結後、新たな世界へと旅立ったシャナと悠二の足跡を描く『アンフィシアター』『クイディティ』、そして掌編小説3編に加えて、書き下ろしの新作小説2編を収録。
 11年の時を経て紡がれる、新たなるシャナの伝説を、ここに。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TERU

16
嘘じゃないです!シャナの新刊が出たんです!! 完結後11年越しにシャナの新刊が発売!10年以上の時を超え新たに紡がれる「灼眼のシャナ」に感じるのは懐かしさ、いやそれ以上に感じる何年経とうが色褪せない確かな魅力、それがシャナにはある。 本作は文庫未収録短編と新規書き下ろしのエピソードが収録されてる殆どが本編完結後の話になっておりました。これはもう間違いなく見たかったやつです。内容もイラストも見たかったやつがここにはあるんです。2023/11/14

イシカミハサミ

13
まだ新作が出るとは思わなかった。 普通のペースの刊行でも 難しい言い回しに テクニカルな構成で読みにくかったのに、 しっかりそのままで書かれているから、 正直「懐かしいなー」以外に思うところがなかった。 久しぶりに懐かしい面々に会えたから良しとする。 ほかはあまり読みどころはない気がする。2024/01/24

キリル

13
11年の時を超えて姿を現しただけにびっくりしました。本編完結後、新世界『無何有鏡』での話がメインの短編集。シャナのふるまいがすごく大人になっていたのと、悠二への好意を隠そうとしないところが印象的でした。仮装舞踏会が新世界でも健在なのが嬉しかったですし、本編では殺し合いを演じていた徒とフレイムヘイズの関係性の変化も印象的でした。厳しいレポート採点にテンションが下がる悠二と報酬を先に持ち逃げされたことを根に持つハボリム先生が面白かったですし、彼らとシャナが垣根なく会話しているのがすごくいいなぁと思いました。2023/11/18

かなで

8
11年振りの新刊。まさか新刊が出るなんて思っていなかった。本編完結後の物語。登場人物が多くうろ覚えな人もいたため、どんな人だったっけ……と調べて思い出しながら読んだ。世界観なども懐かしくて中高生に戻った気持ちで楽しめた。外伝恒例の「狩人のフリアグネ」では疑問に思っていた部分が解消されて良かった。決して蛇足的な短編集では無かったし、また続きが出たら読みたい。2023/12/09

こおき

8
★★★★★ うっわー懐かしい。あまりに久々だったのでいろいろと忘れているなかでの読書となったのだけれど、何はともあれあの終わりのその後が読めたので良かった良かった。狩人のフリアグネⅣを読んで改めて思うけど、やっぱシャナの世界観好きだわ。また短編でもいいので続刊を読みたいなって思う。にしても、シャナS全部読んでなかったことに今更ながら気付いたので探さなくてはなあ。2023/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21592603
  • ご注意事項