角川ビーンズ文庫<br> 雨の魔女と灰公爵 ~白薔薇が咲かないグラウオール邸の秘密~【電子特典付き】

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川ビーンズ文庫
雨の魔女と灰公爵 ~白薔薇が咲かないグラウオール邸の秘密~【電子特典付き】

  • 著者名:吉倉史麻【著者】/すどうみつき【イラスト】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • KADOKAWA(2023/11発売)
  • 2月2度目の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~2/25)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041144145

ファイル: /

内容説明

百年前、初代国王を四人の魔女が支え建国されたアストリット王国。
《雨の魔女》リルは、先代が亡くなったショックで魔力が不安定になっていた。雨が降りつづくのもそのせいだ。
そんなとき「姉の形見の贈り主を捜してほしい」と公爵レオラートが訪ねてくる。
過去の恩義から依頼を引き受けるリルだが、彼には別の目的があるようで……?

「魔女はね。恋を知って一人前になるのよ」

過去と現在を紡ぐ、魔女の秘密と恋の物語。


【電子特典付き】
それは、星が降ると言われた日――
「この本をさしあげるかわりに私と話をしてくれないか、『ミス・アレクシア』」
先代≪雨の魔女アレクシア≫と初代国王バルトルト――ふたりの出会いはここからはじまった。
特別書き下ろし短編『ふたりのねがいごと』を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミグ

6
最強の魔女の後継者。その実、生い立ちや師匠の死が原因でうまく魔法を使えないでいるヒロイン。話は綺麗にまとまったが、うっすら恋愛でそういう意味では物足りなかった。電子版の最後についていたショートストーリーの続きが気になる。2024/01/13

りゅりゅ

5
雰囲気がとても良かった。雨の魔女という呼称と主人公の能力にいまいち繋がりがないとか、上手く噛み合っていない部分は多々見受けられたけれども、全体的にすっと引き込まれて読める魅力があったように思う。2024/02/06

くまくま

2
恋愛要素薄い2024/02/09

手羽先

1
面白かった。Web版未読。読後感がとっ散らかった印象になったがストーリーや雰囲気がとても良い。いい意味でビーンズ文庫らしくない感じ。ジャンル的にはどちらかといえば謎解き系。文体が描写に特化していて読みにくくは無いが少し気になった。もう少し他のキャラクター達の事を知りたいと思ったので続きが出たら読みたい。2024/02/07

riko

0
よかった!二人の距離感がすきです。 先代の魔女たちとか王のあれこれは途中で想像つくんですけど、全体的にやさしいお話だったなという印象。2023/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21565686
  • ご注意事項