キネティックノベルス<br> 空想力学少女とぼくの中二病 ~転校初日にキスした美少女は、アオハル大好きな人魚姫でした~

個数:1
紙書籍版価格
¥1,320
  • 電子書籍
  • Reader

キネティックノベルス
空想力学少女とぼくの中二病 ~転校初日にキスした美少女は、アオハル大好きな人魚姫でした~

  • ISBN:9784801525054

ファイル: /

内容説明

いまだ中二病を拗らせる高校三年生・真一は、転校生の乙姫と一緒に、彼女が望む想い出を集めることになった。海が黒く変色し、不思議な存在が闊歩する……。世界が少しずつ歪んでいく中でも、人々はそれに気付かず、穏やかに暮らしている。ここは日本列島の最西端・辰ヶ海島。世界に残された最後の楽園。ヒーローになりたくて、それを諦めた少年。出会いを重ねて、いつか天へと昇る人魚姫。空想力学は、想い出の科学。乙姫の願いと共に世界の形を戻す唯一の力。少女は願う。本当のヒーローになってくれることを。『だから、ね。私と…青春っぽいこと、しようぜぇー!』

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なみ

9
中二病をこじらせた男子高校生の真一が、転校生の美少女や幼馴染みとアオハルをする話。 爽やかな青春小説かと思いきや、真一には何やらほの暗い過去もあるようで──。 会話もストーリーも、テンポと勢いが素晴らしかったです。 物語が進むにつれて、どんどん大きくなっていく規模にワクワクが止まりませんでした。 真一が最高に格好良かったです!2023/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21561484
  • ご注意事項