富士見ファンタジア文庫<br> あなたの事が好きなわたしを推してくれますか?

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
あなたの事が好きなわたしを推してくれますか?

  • 著者名:恵比須清司【著者】/ひげ猫【イラスト】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • KADOKAWA(2023/06発売)
  • たのしいひな祭り!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~3/3)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784040750149

ファイル: /

内容説明

「ケイのゲーム実況! 本当に私、大好きなんですよ!」
誰もが知るトップアイドルグループのメンバーで、俺の推しでもある『ゆき』こと雪菜のぞみ。彼女の推しは、まさかの俺!?
配信番組でのゆきの推し発言で、登録者数一桁のゲーム配信者だった俺はバズらされ! 
さらにゆきは俺がクラスメートだという事を知って、普段のクールな様子から一変して限界化!?
「目の前に本物のケーくんがいるとか最高すぎる……!」
それだけに留まらず超人気VTuber(実は幼馴染)や、活動休止中だった伝説のコスプレイヤー(実は妹)も『俺の事を好き』と公言し始め……。推しから逆に推されまくるラブコメ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

37
登録者数一桁のゲーム配信者だったはずが、推しのトップアイドル『ゆき』の推し発言で一気にバズった天宮啓太郎。さらに超人気VTuberや活動休止中だった人気コスプレイヤーからも推されまくる青春ラブコメ。推しがクラスメートと知って、普段のクールな様子から一変して限界化するゆき。さらに再会した幼馴染芹香が両推しの超人気VTuberだったり、二人にコスプレイヤーの義妹・紗菜も対抗して、両推しならではのカオスな展開でしたが、その中でも揺るがないゆきがなかなか強かったですね(苦笑)これからどうなるのか続刊が楽しみです。2023/06/20

オセロ

23
密かにゲーム配信をしているクラスの日陰者の雨宮啓太郎。ある日、推しのアイドルで同じクラスの雪奈と推しのVTuberで幼馴染の芹花、更には人気コスプレイヤーで義妹の紗菜が啓太郎のチャンネルを推し始めて…。 推し達に逆に推されるようになったことで啓太郎が不安に思うのと同じように雪奈がライブで上手くいくのか不安に思うのは同じで。そんな2人が本音を曝け出して啓太郎にしか出来ない方法で雪奈の背中を押す啓太郎の粋な計らいにはグッときましたね。2023/06/21

まっさん

20
★★★ 物語はごくごく平凡な高校生であるケイが、ある日同じクラスに所属し大人気アイドルとして活動するアイドル・雪菜のぞみがインタビューにて自身の配信チャンネルを宣伝する所から始まります。登録者は一桁で半ば趣味のような活動でしたが、彼女の宣伝によって登録者が激増、そんな中自身が推している大人気Vtuberや人気コスプレイヤーとして活動していた義妹にもチャンネルを宣伝されて…というようなお話でした。 推しに認知され、あまつさえ推しからも推されるというある種オタクの夢を叶えたようなシチュエーション。作品の設→2023/07/14

rotti619

12
クラスメイトでアイドルの雪菜のぞみが推しにしていたのは、同じクラスで同接一桁のゲーム実況をしている天宮啓太郎だった…というお話。後にVtuber(ツンデレ幼馴染)、コスプレーヤー(義妹)も自分の推しである事が判明し、この3者が推しを名言した事で啓太郎のチャンネルがバズるのがあらすじ。一見ご都合主義の塊だが、双方が推しの関係なのが特徴で、更に啓太郎のゲームスキルが非常に高く、魅せるプレイができる事から、推されるだけの説得力を持たせていた。特に雪菜のぞみの過剰とも言える推し具合は、読んでいて中々楽しかった。2023/06/24

真白優樹

10
好きなゲームの実況配信をしているがまだまだ底辺な少年が、推しのアイドルの少女から推されていると知り始まる物語。―――推した心、そこにあるのは真っ直ぐな思い。 アイドル、Vtuber、コスプレイヤー。実は身の回りにいた三人の少女から推されて始まる物語であり、互いに推して、同じ相手を推す者同士だからこその面白さがある、弾けるような爽やかさがある物語である。思いが集い始まったばかりのこのラブコメ、まだまだ推し同士の日常を見てみたい次第である。推して推されての先に待っているものは。 次巻も勿論楽しみである。2023/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21269704
  • ご注意事項