治安維持法の歴史 V<br> 台湾の治安維持法

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,750
  • 電子書籍

治安維持法の歴史 V
台湾の治安維持法

  • 著者名:荻野富士夫
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 六花出版(2023/05発売)
  • ポイント 25pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784866171692

ファイル: /

内容説明

小林多喜二や反体制の運動家たち多数の犠牲を出し、言論と信条、信仰を封殺した治安維持法。それでも国内では事例のない死刑判決が、植民地台湾と朝鮮ではくだされ、執行されていた。治安維持法が実効するより早く、合法的に徹底弾圧し大量の犠牲者を出した一九世紀末の「匪徒刑罰令」。匪徒刑罰令から治安維持法の運用そして日本の敗戦まで、台湾で繰り広げられた言論と行動への弾圧の様相を明らかにする。