オシムの遺産(レガシー) 彼らに授けたもうひとつの言葉

個数:1
紙書籍版価格
¥1,760
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

オシムの遺産(レガシー) 彼らに授けたもうひとつの言葉

  • 著者名:島沢優子【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 竹書房(2023/05発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 400pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784801935280

ファイル: /

内容説明

この世を去って1年が経とうとしている。2003年から2007年という短い時間ながら、日本サッカーの発展に多大な影響を与えたイビチャ・オシム(享年80)。ジェフユナイテッド市原・千葉をJリーグで優勝争いができるクラブにまで押し上げ、最後の2年弱は日本代表監督として過去に類を見ない躍動的なサッカーを見せてくれた。
そんなオシムからから人知れず「もうひとつの言葉」を授かった人たちがいた。育成、普及、指導、教育、リーダーシップ研究、スポーツ医療…様々な分野でオシムのフィロソフィーを受け継ぐ11人の男たちの情熱と葛藤とは?
気鋭のスポーツジャーナリストが伝える
オシムが遺してくれたものを日本の未来にどう活かしていくべきか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

106
「サッカーは人生の縮図だ」2003年から2007年までジェフ市原の監督から日本代表監督となり、日本サッカーの日本化を目指したオシムの遺産は、関わりのあった多くの人々に脈々と息づいている。「日本の選手は他人の言うことを聞きすぎる。日本の選手はコーチが右に行けと言ったら、右に行く。ヨーロッパの選手はわざと左に行くよ」監督として重視していたのは、ゴールに直結したプレーよりも、リスクを冒してチャレンジしたか、チームのために献身的にプレーしたかであった。羽生が人生に悩みオシムが送った言葉「今までの努力と失敗を疑え」2023/06/20

まこみや

51
日本サッカーの歴史は、オシム以前と以後とに分つことができるのではないか。命じられたことに忠実な安全指向の(逆に言えば無責任な)サッカーから、選手の意志と責任によって臨機応変にリスクを冒す流動的かつ組織的な主体的サッカーへ。日本人の負の面と向き合って自ら変わる勇気と決断力を持つためには何が必要か。惜しくも業半ばに倒れたが、彼の指導者としての言動や姿勢から学ぶことは多い。彼の蒔いた種は彼に学んだ人々の中に確実に育っているようだ。オシムとは単にサッカーの指導者たるにとどまらず、本質的に優れた教育者であった。2023/06/25

名古屋ケムンパス

42
サッカーを愛するすべての人に贈られたバイブル。ジェフ市原と日本代表を率いた偉大な監督への哀悼の書です。また、「サッカーは人生の縮図だ」とする哲学書でもあります。私たち日本人に「立ち止まるな。考えながら走れ」とのオシムの声が、今も確かに聞こえてきます。間違いのない良書。2024/01/27

yyrn

28
佐藤勇人、羽生直剛、小倉勉、池田浩、祖母井秀隆、池上正、間瀬秀一、千田善、吉村雅文、夏原隆之、森田太郎の11人の証言から、昨年22年5月に亡くなったオシム監督が日本のサッカー界に残した計り知れない功績を明らかにしてくれる本。▼選手として薫陶を受け、その鋭さを肌で感じてきた者、コーチとしてその独創的な指導に心酔し全てを学び取ろうとした者、そのオシムに惚れ込み日本招聘のために様々なアプローチをした者、チームドクターや通訳として身近に人間オシムを感じてきた者、練習相手として何度も対戦するうちにその指導力に⇒2023/09/07

25
「ピッチ上で起こることは、人生でも起こり得る」サッカーを人生の一部と捉えた指導。戦争を知り、サッカーのみならず人生経験も豊富なだけに指導に深みがある。「リスクを冒してでも相手の嫌がるプレーを選択し、自分で考え、責任を持て」常に考えることを求めた。コーチには「お前が指示を出したら、その選手が下手になる」とまで言った。しかし誰よりもサッカーを知ろうとする姿も印象的。指導者の鏡である。選手よりサッカーを知っているという事実をみせてやれば選手はついてくる。トップが学ぶことをやめたら、その組織は終わりだ。2023/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20647196
  • ご注意事項