絵とマンガでわかる ウイスキー1年目の教科書

個数:1
紙書籍版価格
¥1,870
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

絵とマンガでわかる ウイスキー1年目の教科書

  • 著者名:佐々木太一【著者】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • KADOKAWA(2023/04発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 425pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784046061362

ファイル: /

内容説明

本書は元バレーボール日本代表から「ウイスキーの伝道師」に転身した
佐々木太一さんが教える、ウイスキー初心者さんのための世界一わかりやすい教科書です。
絵とマンガでウイスキーの選び方、飲み方、歴史がすべてわかる!
この本を読むと、きっとバーに行きたくなるはずです。

■本書「まえがき」より抜粋

私もウイスキーを勉強し始めたころは本を買いあさりました。
いろいろ勉強になりましたが、ウイスキーの本は「事典」のようなものが多いのです。
情報が網羅されているのでさっと「調べる」のには最適な本ですね。
しかし、ウイスキーの事典はたくさんあって、
調べたいことをすぐ調べることはできるんですが…
「ウイスキー1年生」にとって読みやすい「教科書」がないと。
そういう人たちに気軽に読んでもらえるような本があるといいなと感じたのです。

そして、この本を手に取って、「仲間を増やしたい」のが正直な気持ちでもあります。
さて、深く考えないでいきましょう。
家にある氷にウイスキーと炭酸水を入れてハイボールでも飲みながら
軽い気持ちで本書を手に取ってみてください。
思わず明日会社の飲み会で小ネタを人に話したくなりますよ。

楽しいウイスキーライフを共に楽しみましょう!

■CONTENTS
マスター・オブ・ウイスキーが解説!
第1章 ウイスキーってどんなお酒?
第2章 ウイスキーの味わい方
第3章 世界5大ウイスキーを飲み比べてみよう
第4章 蒸溜所へ行ってみよう
第5章 ジャパニーズウイスキーのこれから
第6章 憧れの空間、バーの扉を開いてみよう
スコットランド蒸溜所紀行
佐々木太一のウイスキーコラム etc.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ganesha

5
元バレーボール選手現ウイスキーアンバサダーのサントリー社員による、イラストやマンガも交えたウイスキー入門書。Vだったか全日本だったか、どこかの会場で見かけたことなど思い出しつつ読了。あぁゆっくり飲みたい。そしてまた白州の見学に行きたい。2023/05/23

さけのこ

1
ウイスキー初心者の私には十分な内容で、教科書と呼べるものだとは思いますが、紹介されているウイスキーがサントリーのものばかりだったことだけが気がかりでした。 筆者がサントリーの方ということで仕方ないのかもしれませんが、軽くでも良いので幅広く紹介がなされていると個人的にはありがたかったかなあと感じました。その辺りは他の本を読むなりしなさいと言われればそれまでですが。2024/02/27

nadami30

1
サントリーのウイスキーアンバサダーである佐々木太一さん監修の、ウイスキーのイロハが綴られた啓蒙本。 飲み屋でよく聞く「ピート」の正体や、蒸留所についての知見が豊富で、非常に助かる。 やはりサントリー印のジャパニーズウイスキー・輸入ウイスキーの紹介があるものの、このウイスキーも日本ではサントリーが販売しているのか!という意外な発見があって楽しい。 絵とマンガでわかる、という触れ込みだけど、実際のところはテキストのほうが多く、それも心地よかった。 ウイスキー入門書としては読みやすさも塩梅が良い。2023/11/19

0
ウイスキーにハマって最初に読んだ本。1冊目としてふさわしい本に出会えてよかった。2023/12/07

Takuya Nishida

0
教科書っていうよりサントリーのカタログ なのでオールドショックには触れません。(笑)サントリーのサイトから飛べばもっと詳しい情報が得られます。こんなタダで配ってもお釣りが来るような代物を書籍化して売ろうというメンタルには脱帽です。2023/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20724517
  • ご注意事項