コロナ・コミックス<br> 【単話版】ドールハウスの人々 第7話

個数:1
  • 電子書籍

コロナ・コミックス
【単話版】ドールハウスの人々 第7話


ファイル: /

内容説明

人間と人形の境界が溶けていく、再読必至のホラーミステリ!
「最後の医者」シリーズの著者・二宮敦人が贈る、驚愕のホラーミステリ小説をコミカライズ!


【あらすじ】

球体関節人形をこよなく愛する人形師・ソウスケは、恋人のヒヨリと共に充実した大学生活を過ごしていた。
ある日彼自身が制作した人形が全身分解された姿で発見される。怒りに震えるソウスケだが、それは狂気の連続殺人事件の始まりに過ぎなかった。
次々に見つかる、人形の身体が混ぜられたバラバラの遺体。人間と人形を混同したような手口をたよりにソウスケは事件の真相へと迫っていく。


著者について
●pikomaro(ピコマロ)
代表作
「茶の湯のじかん」(集英社刊)
「高岡さんの妄想経理メモ」(徳間書店刊)
「死のゲーム」(日本文芸社刊)