画像処理と画像認識 - AI時代の画像処理入門

個数:1
紙書籍版価格
¥3,410
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

画像処理と画像認識 - AI時代の画像処理入門

  • 著者名:山田宏尚/末松良一
  • 価格 ¥3,410(本体¥3,100)
  • コロナ社(2022/12発売)
  • 青い空!白い雲!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/15)
  • ポイント 930pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784339029314

ファイル: /

内容説明

画像処理で扱われる信号処理,画像処理手法,画像計測,グラフィックスに加えて,画像認識,機械学習,深層学習といった幅広い領域のトピックを入門的に扱いながら,バランスよく配分し,基礎事項を体系的に学べるように構成した。

目次

1.序論
1.1 人間の視覚機能
1.2 画像と画像処理
1.3 ビジョンシステム
1.4 AIと画像処理
演習問題

2.画像の表現
2.1 アナログ画像とディジタル画像
2.2 画像のA―D変換
 2.2.1 標本化
 2.2.2 量子化
2.3 A―D変換と画質との関係
2.4 カラー画像の表現
 2.4.1 人間の視覚とカラー画像
 2.4.2 色の表現法
 2.4.3 カラー画像のディジタル化
2.5 画像データの表現
 2.5.1 画像データの表現方式
 2.5.2 インデックス方式による画像表現
 2.5.3 画像のファイル形式
演習問題

3.画像処理システム
3.1 画像処理システムの構成例
 3.1.1 コンピュータを用いた画像処理システム
 3.1.2 画像処理プログラムにおける高速化のための留意点
 3.1.3 専用ハードウェアによる画像処理装置
3.2 画像の入出力装置
 3.2.1 画像の入力装置
 3.2.2 画像の出力装置
演習問題

4.画像情報処理
4.1 画像のフーリエ変換
 4.1.1 空間周波数
 4.1.2 複素正弦波
 4.1.3 フーリエ変換
 4.1.4 離散フーリエ変換
 4.1.5 高速フーリエ変換
 4.1.6 直交変換
コラム1:直交変換と直交基底
コラム2:直交変換とDFT
 4.1.7 その他の直交変換
4.2 標本化定理
4.3 フィルタ処理
 4.3.1 周波数領域でのフィルタ処理
コラム3:FIRフィルタとIIRフィルタ
 4.3.2 空間領域でのフィルタ処理
コラム4:畳み込みの意味と線形時不変フィルタ
 4.3.3 フィルタの設計
 4.3.4 オペレータによるフィルタ処理
コラム5:局所処理と大局処理
4.4 画像データの圧縮
 4.4.1 可逆符号化
 4.4.2 不可逆符号化
 4.4.3 動画像の符号化
 4.4.4 標準化された符号化技術
コラム6:JPEG非可逆圧縮の特徴
演習問題

5.濃淡画像処理
5.1 濃度変換
 5.1.1 コントラスト変換関数を用いた濃度変換
コラム7:ガンマ補正による濃度変換
 5.1.2 ヒストグラム変換
 5.1.3 隣接する画素との濃度差の強調
5.2 平滑化
 5.2.1 線形フィルタによる平滑化
 5.2.2 エッジを保存した平滑化
5.3 鮮鋭化
コラム8:画像超解像
5.4 エッジ・線の検出
 5.4.1 差分型によるエッジ検出
 5.4.2 零交差法によるエッジ検出
 5.4.3 レンジフィルタ
 5.4.4 Cannyエッジ検出器
5.5 画像表示のための処理
 5.5.1 限定色表示
 5.5.2 疑似濃淡表示
5.6 幾何学的変換
 5.6.1 アフィン変換
 5.6.2 疑似アフィン変換
 5.6.3 画像の再配列と補間
 5.6.4 圧縮された画像データからの拡大・縮小
演習問題

6.2値画像処理
6.1 2値化処理
6.2 連結性と幾何学的性質
 6.2.1 連結と近傍
 6.2.2 幾何学的性質
6.3 2値画像に対する処理
 6.3.1 ラベリング
 6.3.2 膨張・収縮処理
 6.3.3 線・点図形化処理
6.4 図形の形状特徴
演習問題

7.コンピュータグラフィックス
7.12 次元グラフィックス
 7.1.1 線図形の描画
 7.1.2 面の生成と処理
 7.1.3 アンチエリアシング
7.2 3次元グラフィックス
 7.2.13 次元図形の幾何学的変換
 7.2.2 モデリング
 7.2.3 レンダリング
コラム9:CGと画像処理技術の融合
演習問題

8.領域分割
8.1 原画像中のエッジを用いる方法
8.2 領域拡張法
8.3 特徴空間におけるクラスタリングを用いた方法
8.4 テクスチャ解析
8.5 グラフカット法
8.6 深層学習を用いた領域分割
演習問題

9.特徴・パターンの検出
9.1 テンプレートマッチング
9.2 局所特徴
 9.2.1 Harrisのコーナの検出
 9.2.2 FASTによるコーナ検出
 9.2.3 ブロブの検出
 9.2.4 SIFT
 9.2.5 HOG
コラム10:さまざまな記述子
 9.2.6 bag-of-visual words
演習問題

10.画像認識
10.1 画像認識のタスクとプロセス
10.2 ルールベースに基づく画像認識
10.3 統計的パターン認識
 10.3.1 特徴空間
 10.3.2 パターンの識別
コラム11:訓練データの前処理
 10.3.3 クラスタリング
コラム12:遺伝的アルゴリズム
演習問題

11.ニューラルネットワークと深層学習
11.1 ニューラルネットワーク
11.2 深層学習
 11.2.1 活性化関数の改良
 11.2.2 ドロップアウト
 11.2.3 訓練データと学習手順
コラム13:訓練データの作成
 11.2.4 転移学習とファインチューニング
11.3 畳み込みニューラルネットワーク
 11.3.1 畳み込み層
 11.3.2 プーリング層
 11.3.3 出力層
 11.3.4 CNNの応用
コラム14:CNNのネットワークモデル
11.4 オートエンコーダ
11.5 敵対的生成ネットワーク
演習問題

12.3次元画像処理
12.13 次元空間の計測と認識
12.2 1枚の画像を用いた3次元認識
 12.2.1 テクスチャによる方法
 12.2.2 陰影による方法
 12.2.3 その他の方法
12.3 複数の画像を用いた3次元認識
 12.3.1 カメラモデルとキャリブレーション
 12.3.2 ステレオ画像処理
12.4 レンジファインダ
コラム15:3次元データ処理を行うソフトウェア
12.5 3次元形状の復元
演習問題

13.動画像処理
13.1 オプティカルフローの抽出
 13.1.1 照合法
 13.1.2 時空間勾配法
13.2 差分画像を利用する方法
13.3 動画像を用いた行動認識
 13.3.1 従来の機械学習を用いた方法
 13.3.2 深層学習を用いた方法
 13.3.3 RNNとLSTM
13.4 動画像を用いた3次元復元
演習問題

14.画像処理の応用
14.1 産業応用
 14.1.1 組立工程
 14.1.2 検査工程
コラム16:従来の機械学習と深層学習
14.2 医療用画像処理
 14.2.1 CT
 14.2.2 細胞診の自動化
 14.2.3 深層学習による画像診断支援
コラム17:説明可能なAIとネットワークの可視化
14.3 文字認識
 14.3.1 印刷文字認識
 14.3.2 手書き文字認識
 14.3.3 深層学習を用いた文字認識
14.4 顔の認証
コラム18:オープンソースの活用

演習問題
引用・参考文献
演習問題の解答
索引

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

株式会社 コロナ社

0
読者モニターレビュー一部(全文はHPに掲載) https://www.coronasha.co.jp/np/isbn/9784339029314/ 最初に思ったことは画像処理と画像認識の両分野を非常にコンパクトにまとめているということである.画像処理や画像認識の専門書は個別に作られていたり,両方の内容が載っていたとしても重厚な本になることが多い.しかし本書は両分野の知識をバランスよく配分し,詳細な数学的なアルゴリズムをあえて省略することで,初学者にわかりやすい画像に関して体系的な本になっている.~ ~2022/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20215556
  • ご注意事項