小学館世界J文学館<br> 小学館世界J文学館 チェーホフ作品集

個数:1
  • 電子書籍
  • 特価

小学館世界J文学館
小学館世界J文学館 チェーホフ作品集


ファイル: /

内容説明

※本作品は『小学館世界J文学館』(紙版)に収録されている同タイトルの作品と同じ内容です。

子どもたちと動物たちの、悲しく、かわいく、少しほろ苦い物語。

ロシアの小説家・劇作家、チェーホフの6作品を収録。
「カシタンカ」…雑種犬カシタンカは、街で主人とはぐれてしまう。親切な男が助けてくれるが、男は動物芸人で、カシタンカも芸を仕込まれることに。ガチョウとネコとブタといっしょに芸を学びはじめる。
「男の子たち」…ボロージャぼっちゃんが家に帰ってきた。いっしょに来た同級生は考えぶかそうな無口な子で、時々奇妙なことばを口にする。「わしの名はモンテホモ。人呼んで<鷹の爪>」二人は何か秘密の計画を立てているようだが…?
「ワーニカ」…9歳のワーニカは靴職人の見習い奉公中。ある晩故郷のじいちゃんに宛てて手紙を書く。「じいちゃん、お願いだから、おれをここからつれてって」……ワーニカの必死の手紙はじいちゃんに届くだろうか。
「牡蠣」…仕事がなく、ついに物乞いするまでに落ちぶれた父親と少年。少年は居酒屋の看板に「牡蠣」という未知の単語を見つける。どんな食べものだろう。なんだかキモそう。でも食べてみたい。「カキをください!」叫び声をあげる少年に、通りすがりの紳士は……。
他に「おでこの白い子犬」「ねむい」を収録。

※この作品は一部カラーが含まれます。