愛犬チョコが見守っている

個数:1
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

愛犬チョコが見守っている

  • 著者名:三木星童【著】/三木あゆみ【編集】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • good.book(2022/11発売)
  • 2月2度目の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~2/25)
  • ポイント 390pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

■愛犬と散歩をしながら、俳句を詠んだ日々の記録

幼少期に戦争を経験した著者は、建築士として半生を過ごすなか、妻の影響を受けて五十歳で俳句を本格的に始める。充実した日々を更に彩り豊かにしてくれたのが、六十八歳で家族として迎え入れることになった愛犬、チョコの存在だった。

何気ない日常を、常に隣で一緒に過ごしてくれたチョコ。
本当の一人娘のように、時に心配をしながら、時に笑わせてもらいながら。
チョコが傍にいてくれた毎日は、楽しくて満たされた幸せな時間。
最期まで、そしてこれからも、ずっと傍に居るよ……

この本は、俳人である著者が、愛犬チョコと寄り添いながら記した俳句を、自句自解本としてまとめた一冊です。

■「はじめに」より(抜粋)

いつも傍に居たチョコが亡くなった事が出版の動機となり、三二年間の俳句を自選、自句自解して残す事とした。

二周忌を迎えるが、俳句を記し続けている。
傍に居ないチョコに話しかけながら、原稿を書いた。

俳句と、家族となったチョコとの出合いは、私の人生を豊かにしてくれた。

目次

はじめに
一句の俳句
俳句が始まる
チョコがやってきた
私は犬です
チョコ大きくなったなあ
引っ越ししました
チョコの生きざま
著者紹介