タイポグラフィ論考

個数:1
  • 電子書籍

タイポグラフィ論考

  • 著者名:エリック・ギル/青岳那苑
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 万象堂(2022/10発売)
  • ポイント 22pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

人気書体『ギル・サン(Gill Sans)』の作者エリック・ギルが著した歴史的な論考を新訳で。古代の銘板から続く文字の歴史をひもときながら、産業革命を経た1931年のイギリスを舞台に論じた実践的なタイポグラフィ論。社会的視点を元に、文字・印刷・書物への探求を25点の図版を交えて具体的に洞察した、デザイン論の古典です。1936年に追加された第9章は、ギルがひとりの生活者として文字と向き合った最終章。タイポグラフィの歴史と未来を照らす、デザイン史に残る一冊です。

目次

訳者まえがき
テーマ
1 時と場所という構図
2 レタリング
3 タイポグラフィ
4 パンチ・カッティング
5 紙とインク
6 プロクルステスの寝台
7 道具
8 書物
9 しかし、なぜレタリングなのか?
注解
著者略歴
訳者あとがき

本訳書は次を底本としました。
An Essay On Typography
By Eric Gill
second edition
Sheed and Ward
First Published in 1931
Second Edition 1936