新規の世界・転機の日本 - 「新戦後」90年代を読む

個数:1
紙書籍版価格
¥512
  • 電子書籍
  • Reader

新規の世界・転機の日本 - 「新戦後」90年代を読む

  • 著者名:堺屋太一
  • 価格 ¥500(本体¥455)
  • PHP研究所(2022/08発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569564555

ファイル: /

内容説明

著者は、ソビエト連邦と東欧諸国の「社会主義文化」崩壊は、戦後からすでに始まっていたことを大胆に指摘した上で、その崩壊を導いた「脱近代工業社会化」の波は、東側だけではなく、90年代の全世界を飲み込む一大潮流になりつつあるのだということを、政治・経済・文化の知識を縦横に駆使して明らかにしている。本書は、そうした新規の世界体制のなかで、日本が自由主義経済国として、取るべき道は何かを示唆している注目の書である。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

金吾

18
過去の分析は成る程と感じるものであり流石だなあと思いましたが、未来予測(今から30年前)はあまり当たっていなかったのはご愛敬と思いました。2022/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1046107
  • ご注意事項