空海『三教指帰』 - 桓武天皇への必死の諫言(かんげん)

個数:1
紙書籍版価格
¥2,640
  • 電子書籍

空海『三教指帰』 - 桓武天皇への必死の諫言(かんげん)

  • 著者名:藤井淳【著】
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 慶應義塾大学出版会(2022/08発売)
  • ポイント 24pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784766425611

ファイル: /

内容説明

空海が命を賭した書――。
本書は、激動の時代背景や神話・伝承、『日本書紀』などの歴史書と照らし合わせ、『三教指帰』執筆の隠された意図に迫る。
稀代の専制君主・桓武天皇に対する憤りと古来、天皇に仕えてきた祖先への誇り―。
両者に引き裂かれた若き空海が、命を賭して伝えようとしたのは何か?

目次

プロローグ──憤懣の書──
       
第1章 空海の決意──天皇への忠と祖先への孝
 1 空海とは誰か──これまでのイメージ
 2 来歴──誰に向けて書かれたか
 3 時代背景
 4 空海の時代の儒・道・仏

第2章 『聾瞽指帰』を読み解く
 1 表と裏のメッセージ
 2 儒教の篇──暴君は誰か
 3 道教の篇──風狂の隠者たち
 4 仏教の篇──真の忠孝とは何か

第3章 忠孝の行く末
 1 『聾瞽指帰』のその後
 2 密教との出会い
 3 完成の日──天皇即位の伝承
 4 忠孝の行く末


主要参考文献
あとがき
図版出典一覧