画家の覚書

個数:1
  • 電子書籍

画家の覚書


ファイル: /

内容説明

マティスの信念が生んだ、絵画論の古典を新訳で。
1908年のサロン・ドートンヌへの批判は、野獣派だけでなくマティス個人にも向けられました。それに対し、マティスは信念を持って向き合い、絵画の本質と制作手法を語った絵画論『画家の覚書』を執筆、雑誌に発表したのです。結果として本論はマティスを代表する芸術論となりました。当該の批判記事や、マティスが引用しているダ・ヴィンチやセザンヌなどによる絵画論の抜粋など、詳細な注解も収録。マティスの芸術を多角的にお読みいただける一冊となりました。

目次

本訳書は次を底本としました。
Henri Matisse
Notes dun Peintre
La Grande Revue
52 Volume, 1908