【文庫】 文化大革命とモンゴル人ジェノサイド 下

個数:1
紙書籍版価格
¥1,100
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

【文庫】 文化大革命とモンゴル人ジェノサイド 下

  • 著者名:楊海英
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 草思社(2022/06発売)
  • 青い空!白い雲!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/15)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794225832

ファイル: /

内容説明

「…二十八種もの刑罰は凄惨すぎて日本語に翻訳するのも躊躇せざるを得ない。
何しろ、日本語にはない概念、日本語では置き換えられない暴虐の数々を
中国人たちは奔放にモンゴル人に対して行使していたのである。
…まさに、モンゴル民族が誕生して以来、初めて舐めさせられた苦難である」
(第4章より)

本書は約6000頁にのぼる中国政府の公文書と被害者報告書、
加害者側と犠牲者側の記録など、ほとんどが中国では未公開で研究者も
閲覧できない資料をもとに、封印された殺戮の全貌を検証した決定版である。
『ジェノサイドと文化大革命――内モンゴルの民族問題』改題。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
倒されていくエリートたち: 生き残った人たちの回想 大量虐殺の推進方法 被害者側と加害者側の記録 公文書が語るあるモンゴル人将校の殺害 内モンゴル軍区の加害者たち 師団長以上の座談会 ジェノサイドのコミューン: 中国政府の公的な資料が伝える大量虐殺 大量虐殺の部分的停止と謀略的処理 自治区における政策の制定と伝達 四家堯人民公社の被害状況 名誉にならない「名誉回復」 モンゴル人学生運動と「地方民族主義者」が語る中国文化大革命 大量虐殺の後史としての学生運動 近代史の曙は東から2022/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19786772
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす