文春e-book<br> スポーツ毒親 暴力・性虐待になぜわが子を差し出すのか

個数:1
紙書籍版価格
¥1,540
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春e-book
スポーツ毒親 暴力・性虐待になぜわが子を差し出すのか

  • 著者名:島沢優子【著】
  • 価格 ¥1,500(本体¥1,364)
  • 文藝春秋(2022/05発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 325pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784163915340

ファイル: /

内容説明

子どもは親の虚栄心の道具?
わが子のスポーツでの活躍に興奮し熱中する親たち。勝つためなら指導者の暴力・パワハラ・セクハラにも目をつぶる、恐るべき実態。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネギっ子gen

65
部活やジュニアスポーツの現場で、次々起きる指導者による暴力・性虐待事件。その背景には、子どもを護るどころか率先して追い込み、事実を隠蔽しようとする〝毒親〟たちが存在した――。スポーツライターが徹底取材で描いたノンフィクション。<担任からのパワハラには目を光らせるのに、暴力をふるうミニバスケットクラブの監督を支持する母親に出会った。「全国大会に連れて行ってくれるから」だと言う。平手打ちや「死ね」「帰れ」の暴言を「どうせ社会に出たら理不尽なことだらけだから、今から慣れておいたほうがいい」と有難がっていた>。⇒2022/06/07

メタボン

35
☆☆☆☆ 子供をスポーツで大成させようと思うあまり冷静さを欠き、理不尽な行動を取ってしまう親たち。そして暴力を指導とすり替えて執拗にハラスメントを繰り返す指導者、それを黙認する親たち。被害者はいつも子供だ。この構図について警鐘を鳴らす良書。2022/10/27

おかむら

34
我が家は代々スポーツとは無縁のインドア家系なので、スポ少だの部活だので土日つぶれてしまうよそんちはご苦労さんとは思ってたし、体罰事件とかで指導者(先生)が逮捕されるとよく父兄たちが嘆願書の署名集めたりすんのなんでかとも思ってたんですが、これ読んだら子どもスポーツ界の掟というか魔力に納得。怖いわー。スポーツ苦手でよかったわー。2022/06/26

のりすけ

24
いまだにこんな昭和のスポコン丸出しの制度が残ってんのかー、とちょっと驚いた。でも成功した選手と親御さんと指導者の汗と涙と感動の物語を求めてる人が一定層いる以上、こういうのはなかなかなくならないんじゃないの?あんまりスポーツに興味ないので、こういう感想しか持てないよ、ごめんね。あとライターさんの構成力が少々アレ。2022/07/10

メチコ

15
客観的に見れば明らかに異常と思える指導も、いざ自分がその輪の中にいると感覚が麻痺してしまうから恐ろしい。 これは決して他人事ではないよね。 厳しい上下関係であったり、指導という名の暴力を身をもって体験し容認してきた親は特に要注意かも。 厳しさが不要ということではなくて、その意味をはき違えるなよと。 なにはともあれ親の夢や希望を子に投影させるのではなく、子自身の将来や人生を第一に考えられるように、自分の目が曇らないよう意識していきたいと思いました。2023/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19630811
  • ご注意事項