イエナ講演草稿

個数:1
  • 電子書籍

イエナ講演草稿

  • 著者名:パウル・クレー/青岳那苑
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • 万象堂(2022/05発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

パウル・クレーが、伝説となった1924年イエナ美術展での講演に際して執筆していた草稿を、新訳でお届けします。バウハウスでの美術教育と絵画制作が充実していた時期であり、クレー本人が語る「造形のなりたち」と「線・明暗階調・色彩」の美術思考は、情熱的な絵画論ともなっています。翻訳の底本としたのは1945年ベンテリ社発行の『Ueber die moderne Kunst』。また附録として、草稿の記述順を再現した『講演草稿ノート版』、出展作品から3点、執筆ノートの複写も一部、収録しました。

目次

本訳書は次を底本としました。
Paul Klee
Ueber die moderne Kunst
Verlag Benteli Bern-Bumpliz, 1945
目次(抜粋)
イエナ講演草稿
・一九四五年発行書籍版
・作品集
・附録 講演草稿ノート版(敬体)