山と溪谷社<br> となりのハト 身近な生きものの知られざる世界

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,485
  • Kinoppy
  • Reader

山と溪谷社
となりのハト 身近な生きものの知られざる世界

  • 著者名:柴田佳秀
  • 価格 ¥1,336(本体¥1,215)
  • 山と溪谷社(2022/03発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784635063104

ファイル: /

内容説明

ハトの世に知られていない豆知識がたくさんつまった、身近な生きものの世界を見る目が変わる一冊!
馬鹿っぽい、汚い、何考えているのかわからない……など、マイナスイメージも多く、時には害鳥として駆除もされる身近な鳥、ハト。
そんなハトには、知られざる驚きの能力と、人との深いつながりがあった。

オスもメスもお乳を出して子育てする、水を下をむいてごくごくと飲めるのはハトだけ、人類の最速の通信手段として活躍していた過去、世界中の権力者からペットとして愛されていた、日本や世界のユニークなハト、絶滅したハトのエピソードなど、思わず誰かに話したくなる秘密が満載。
知ってしまえば、もうハトのことを無視できなくなる?

■内容
第1章 ハトという鳥
第2章 日本のゆかいなハトたち 身近編
第3章 日本のゆかいなハトたち 遠方編
第4章 世界のハト、絶滅したハト
第5章 ハトはいつでも人のとなりに

■著者について
柴田 佳秀(しばた・よしひで)
1965年、東京生まれ。東京農業大学卒業。テレビディレクターとして北極やアフリカなどを取材。
「生きもの地球紀行」「地球ふしぎ大自然」などのNHKの自然番組を数多く制作する。
2005年からフリーランスとなり、書籍の執筆や監修、講演などをおこなっている。
主な著書・執筆に『講談社の動く図鑑MOVE鳥』(講談社)、『日本鳥類図譜』(山と溪谷社)、『カラスの常識』(子どもの未来社)などがある。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽけっとももんが

13
身近な鳥といえば、雀、烏、そして鳩。その鳩についての愛に溢れた蘊蓄がぎっしり。最近は害鳥として評判がよろしくないですが、鳩にだって言い分はあるでしょう。こどもがベビーカーに乗っていた頃、お寺で鳩の餌を買って撒いたらそれが朝イチで、数えきれないほどの鳩に襲われて餌を袋ごと投げて逃げました。さて、何より驚き、これを知っただけでも読んだ甲斐あったのがドードーの話です。2022/07/02

vonnel_g

4
最近は害獣としてちょっと分の悪い感じになっている身近な鳥の生態、そして豆知識。ドバトという名前は俗称だという話は初めて知った。ドードーの近縁種が現存しているという大変ロマンあふれる記述があって、ここから複製作る話とか出てきそうだと思う。2022/05/10

櫛橋光

2
実際の鳩胸エンジンって凄いですね。ハトにしか無い特徴、水にクチバシを浸けてそのまま飲めるとかマイホームがある(ねぐらと巣は別々なのが鳥の普通らしいです)とか色々見直しました。後、既に知ってましたがリョコウバトの話は凄く気が滅入る話です。ドードーも然別。2022/07/20

カシュマル

2
鳩胸エンジンの強力さが一番印象に残った。全筋肉量の4割! ◇鳩の家禽化から、絶滅した鳩、生態と色々分かりやすくまとまっていた。 ◇カラフルな鳩ということでアオバト実際にみてみたい。2022/06/26

ミニすけ

2
キジバトは臆病な性格の鳩だと思っていたが、明治時代以前は警戒心がない鳥だったというのが驚きだった。海水を飲むというアオバトを信じられずに、実際に大磯の海岸にアオバトを見に行ったことがあるが、なんであんなに海水を飲むんだろうと思う。この本でも説明されていたけれど、それでも不思議だ。50億羽もいたリョコウバトが絶滅した話は悲しい。 2022/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19451836

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。