富士見ファンタジア文庫<br> 鬱ゲー転生。 知り尽くしたギャルゲに転生したので、鬱フラグ破壊して自由に生きます

個数:1
紙書籍版価格 ¥737
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
鬱ゲー転生。 知り尽くしたギャルゲに転生したので、鬱フラグ破壊して自由に生きます

  • 著者名:穂積潜【著者】/希望つばめ【イラスト】
  • 価格 ¥737(本体¥670)
  • KADOKAWA(2022/02発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784040744407

ファイル: /

内容説明

第6回カクヨムWeb小説コンテスト
現代ファンタジー部門
<大賞>受賞作

鬱ゲーとして名を轟かせたギャルゲー『曇りなき青空の下で』。
カルト的な人気を誇ったこの『くもそら』の主人公に俺は転生していた。普通に進めると世界崩壊・バッドエンド一直線!?
だがゲームを知り尽くした俺ならどの鬱展開も破壊できる!

早速俺は終盤でしか手に入らないチート能力を開幕入手し、ヒロインを不幸にするラスボスを復活前にコンクリで封印。
さらに現代の経済知識で荒稼ぎして、自由な生き方で突き進む。
そうして好き勝手やっていくうちに原作にいなかったヒロインまで出てきて、本来あり得ないハーレム展開にまで突入!?
あまりにも自由過ぎるギャルゲー転生、開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

芳樹

35
【BW】かつてのめり込んだ伝奇ホラー鬱ゲー『曇りなき青空の下で(くもソラ)』の主人公・祐樹に転生したアラフォーリーマンが、待ち受ける世界崩壊・バッドエンドを回避するため、鬱フラグを先回りして潰しまわるスラップスティックコメディ作品。楽しい!ヒロインズの個性を含め「くもソラ」の世界観がしっかり作り込まれているのが良いですね。ギャルゲー世界に転生したにも拘わらず、ヒロイン攻略ハーレム展開なんて全く眼中にない主人公の言動がおもしろい。さて、この先どんな鬱フラグが待っているのか、続きがとても気になります。2022/02/20

まっさん

29
★★☆ web版未読。 う〜ん…タイトルから期待していた流れが現状ではあまり摂取出来ていないから微妙かなぁというのが読了後の率直な気持ちでした。 内容としてはタイトル通り鬱要素盛り沢山なギャルゲーに転生した主人公が、ゲームプレイ者としての知識を総動員して悲惨な目に遭うヒロインズを救っていくお話でした。コンセプトはありがとながら個人的に刺さるジャンルなので期待値は大きかったですが、今作に関しては一巻時点でヒロインズを多く登場させた弊害で一人一人のフラグ回収エピソードがかなり雑であっという間に済まされてい→2022/03/23

わたー

19
★★☆☆☆not for meかな。ゼロ年代に発売された伝奇モノの鬱ゲーの主人公に転生してしまった主人公が、ゲーム知識とカネの力で自分にとってしんどくない未来に誘導しようとする物語。導入が唐突だったのと、主人公の適応能力が異様に高いのはさておくとしても、せっかくの面白そうな素材を活かしきれていないという印象が強い。幼少期スタートという利点で、本編開始時点ではどうすることもできなくなっていたヒロインたちの鬱フラグをバッタバッタとなぎ倒していくのだが、2022/02/22

TERU

14
鬱ゲーとして名を轟かせたギャルゲー『曇りなき青空の下で』。
カルト的な人気を誇ったギャルゲーの主人公に俺は転生していた。 ただ普通に進めると世界崩壊してしまうバッドエンド。だがこのゲームの鬱具合は尋常ではない。どんなルートでも、たとえハッピーエンドが待っているとしても、耐え難い地獄が待っているのは確定的。だがこのゲームを知り尽くした俺ならどの鬱展開も破壊してやる!! ゲームの世界に転生する系の作品。本作では、鬱ゲー世界の主人公に転生した男が、各ヒロインが闇堕ちしてしまうフラグを折りつつ、2022/03/21

真白優樹

10
鬱要素満載の泣きゲーの主人公に転生した男が、鬱の原因であるトラウマの破壊を目指し突き進む物語。―――そんな物語は壊せ、己の心のままに。 ヒロインの為ではなく自分の為に物語を破壊、結果的にそれがヒロインを惹きつけていく物語であり、かなり尖った要素が自由に自嘲せず乱立している、中々に癖の強い物語である。だがその癖を飲み込める読者様であれば、きっと刺さって面白いはずである。フラグをあらかた潰し芽生える、未知なる人間関係。果たしてこの先、男は平穏無事な結末を迎えられるのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。2022/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19262950

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。