新潮文庫<br> じじばばのるつぼ(新潮文庫)

個数:1
紙書籍版価格 ¥605
  • Kinoppy
  • Reader

新潮文庫
じじばばのるつぼ(新潮文庫)

  • 著者名:群ようこ【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 新潮社(2022/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101159348

ファイル: /

内容説明

人間だれしも、気づけばあっという間にじじとばば。人生の先輩たちに学ぶべく観察した、その生態とは。レジで世間話をはじめる迷惑なばば、ラブホにしけこむお盛んなじじ。ばばのキテレツなファッション、じじの洒落にならない危険運転。店員に上から目線のじじに、若者に時代錯誤な小言をたれるばば……もしかしたらあなたも、こんなじじばば予備軍かも!? 爆笑&ドッキリの痛快エッセイ集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らび

29
聞いたり読んだりでこんなじじばばの存在は知ってましたが私の周囲や通りすがりのじじばばでここまでのパワーを持った方々は居たかな~忘れてるかもですが、物書きの観察眼を遺憾なく発揮されててネタは向こうからやってくる?見かけても決して触らず何気を装いしっかり見ている。一括りにじじばばじゃなくネーミングが面白かったです。こうなりたくはない・・自戒せねば。2022/04/07

はね

9
じじもばばもまわりを気にしなくなるので、恥じらいがなくなり好き勝手なことを言ったりしたりするようになる。容姿が衰えるので、どうせ誰にも注目されないだろうと思うようになるからか、平気で変な格好もする。そんなじじばばの行動を観察する群さんのような方もいるので、人の目は気にしないといけないなと思った。2022/06/17

バーバラ

9
いるいる、こんなばば、え〜っ、こんなじじいるんだ〜と共感と驚きの連続。まさにじじばばのふり見て我がふり直せ。群さん風に言えば、ばば予備軍初級、プレばばの私には参考になる指摘がたくさん。中には笑いごとじゃない、本気で腹の立つエピソードもあったけど、そこは群さんのユーモラスな表現が奏功して最後はやはり笑えてしまう。もしも私がこのエッセイにネタを提供するとしたらノーマスクじじと女にはタメ口じじだな。おっと人のことばかり言ってないで私も人様の笑いものや鼻つまみものにならないよう賢い歳のとり方をしたいものだ。2022/05/02

キーにゃん@絶対ガラケー主義宣言

7
私の観察力がないのか、群さん、よくまあこんな場面に出くわすものだと。なので共感度はイマイチ。ま、せいぜい他人様の迷惑にならないように気をつけよう。2022/04/08

オールド・ボリシェビク

6
群ようこも還暦を過ぎ、なんだか口やかましさに拍車がかかってきた感もあるのだが、世に蔓延る迷惑なじいさん・ばあさんをぶった斬るその姿勢や正し。至極、もっともである。迷惑老人は、われらが人生の反面教師である。年を重ねて、人は必ずしも賢くなるわけではない。その分、周りが見えなくなり、自閉し、自らをまともに見えなくなるのだ。あな、恐ろし。自戒せよ、わが魂よ。2022/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19197115

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。