【文庫】少年の日の思い出:ヘッセ青春小説集

個数:1
紙書籍版価格
¥770
  • 電子書籍

【文庫】少年の日の思い出:ヘッセ青春小説集

  • ISBN:9784794221834

ファイル: /

内容説明

『車輪の下』と同時代の初期短編集。
青春の心の動きを類い稀な描写で描いた独自の世界。
表題作は蝶の標本を巡る話で昆虫好きの訳者がこれまでの誤訳を詳細に正す。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アナーキー靴下

82
美智子さまが新美南吉の「でんでんむしのかなしみ」に寄せる想い、それは美智子さまご自身のお姿に近いのではないかと感じ、私にとって何度も甦る話は何かと思い至ったのが、中学の教科書にあった表題作である。当時はエーミールカッコイイだったのが、謝って許してもらえる時代は終わり、という情操教育だったのだと後に理解し、さらに年月を経て、信頼できない語り手に注意、という意識が強くなった。追想に改悛の想いは感じられず、むしろエーミールをどこまでも嫌なやつに仕立てようという印象操作。この吐き気がするほどのクズが私自身なのか。2021/07/02

55
中学時代に読んだ気がします。蝶をポケットに入れ粉々になるシーンは当時強く残っていた記憶があります。少年時代収集していた蝶から苦い思い出を回想し浮かび上がる後悔。私も幼き頃の思い出に今となってはしょうもないエピソードかもしれないが誰にも言えず自分の中だけの苦い記憶として残っているものがあります。あの時はああするしかなかったからついた嘘、態度。大人になった今も思い出すと後ろめたさが少しあり、記憶のほんの一部、だがすごい存在感で頭の中にあります。いつの日か誰かと懐かしみ語らう位軽くなると良いなと思います。2020/12/06

けいた@読書中はお静かに

33
本日7月2日はヘルマン・ヘッセの誕生日ということで教科書にも載っていた少年の日の思い出を読みました。中学生のころ読んだときもそうだったけど、なんかモヤモヤ~っとするどす黒いタールのようなものが心にはりつくような話でした。世の中にはどんなに誠実に謝っても取り返しがつかないことがある。2016/07/02

コージー

27
★★★★☆青春時代を描いた短編集。『少年の日の思い出』『ラテン語学校生』『大旋風』『美しきかな青春』の4編が収録。『ラテン語学校生』と『美しきかな青春』は、新潮文庫『青春は美わし』にて高橋健二訳でも掲載されている。相変わらずどの作品においても、ヘッセの自然の観察力と表現力に感嘆させられる。2022/06/04

puu

24
子供に「『そうか、そうか、つまりきみはそんなやつなんだな。』って知ってる?」と聞かれ、全然知らなかったので読んでみた。自分の時の教科書にも載っていたはずだかがぜんぜん記憶にない…。ネットミームとしても有名なのも知らなかったな…。 確かになかなかに心にくる台詞ではある。ヘッセといえば「車輪の下」も読んだ記憶はあるが内容は覚えてないなぁ。 暗い話だった気がするくらい。 この話も暗いが情景描写と行間にある心理描写がヘッセっぽく、だから長年教科書に採用されてるんだろうか。2024/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10328220
  • ご注意事項