幻冬舎文庫<br> 明け方の若者たち

個数:1
紙書籍版価格
¥605
  • 電子書籍
  • Reader

幻冬舎文庫
明け方の若者たち

  • 著者名:カツセマサヒコ【著】
  • 価格 ¥575(本体¥523)
  • 幻冬舎(2021/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344431393

ファイル: /

内容説明

2021年12月、北村匠海主演で映画化決定! !
9万部突破の話題作、早くも文庫化。

「私と飲んだ方が、楽しいかもよ笑?」
その16文字から始まった、沼のような5年間。

明大前で開かれた退屈な飲み会。そこで出会った彼女に、一瞬で恋をした。本多劇場で観た舞台。「写ルンです」で撮った江の島。IKEAで買ったセミダブルベッド。フジロックに対抗するために旅をした7月の終わり。
世界が彼女で満たされる一方で、社会人になった僕は、“こんなハズじゃなかった人生”に打ちのめされていく。息の詰まる満員電車。夢見た未来とは異なる現在。深夜の高円寺の公園と親友だけが、救いだったあの頃。

それでも、振り返れば全てが、美しい。
人生のマジックアワーを描いた、20代の青春譚。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

125
タイトル通りな作品。明け方、そして夜明けを常にイメージさせてくれます。自分も20代ならきっともっともっとココロに響いたのかなと思います。作品全体を通して、ちょいちょい挟まれてくるあらゆるアーティストの楽曲が気になり、音楽を聴きながらゆったりと読むべき作品かもしれませんね。読む年代によってはきっと忘れられない作品になるかもしれません。とりあえず話題となっていた作品でしたが、話題になるだけのコトはあると感じました。映像化されたので、そちらのほうが逆に楽しみな気がします。サラッと読めるボリュームが良かったです。2022/05/03

forest rise field

35
若い頃住んだ経験のある東京、土地勘があるから余計に物語にのめり込んでしまった。20代の自分と重ね合わせながら。恋愛よりも仲間とつるんでた印象深い思い出を蘇らせてくれる、そんな本だった。2022/02/22

Kanonlicht

25
学生というぬるま湯から厳しい社会に放り出され、仕事も恋愛も、なんか自分が思っていたのと違う。こんな経験はきっと誰にでもあるのでは。主人公をはじめとする登場人物たちは若さからくる甘さが 鼻につくが、それこそが等身大の若者の姿なのかもしれない(それだけ自分が歳をとったということか!)。人生においてかけがえのない時期というのは、その時間を生きていた頃には、そのようには意識しないものだと思う。この物語に出てくる若者たちもまた、十年後二十年後にそのことに気付くのだろうか。2021/11/21

ノリト

23
私が思ってる表現、全部ある。エモ中のエモ。最高。恋してる人は読むべし。2022/01/12

masayuki

20
「青春」から連想されるもの。恋、性、友、夢、酒、希望、失恋、挫折、苦悩、再生‥‥‥。それらが全部ちりばめられた青春満載の小説だ。若い時はなぜあんなに一途に人を愛することができたんだろう。友と呑み、語り合うことがなぜあんなに楽しかったのだろう。この小説を読むうちに、自分の青春時代がオーバーラップして、甘酸っぱいものが溢れてきた。心がぱさぱさになりそうなとき、この本をもう一度手に取ってみたい。2023/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18808306
  • ご注意事項