GA文庫<br> どうか俺を放っておいてくれ2 なぜかぼっちの終わった高校生活を彼女が変えようとしてくる

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GA文庫
どうか俺を放っておいてくれ2 なぜかぼっちの終わった高校生活を彼女が変えようとしてくる

  • ISBN:9784815610159

ファイル: /

内容説明

「七村くんが他人事みたいな顔してるのも腹立つわね」

モデル顔負けの美人・花見辻空とともに過去に戻り、始まった二度目の高校生活も早二か月。
俺の残念で快適なぼっち生活を気に入らず、相変わらず脱ぼっちの手伝いをしようとお節介を焼く花見辻との迷惑ながらも心地いいスクールライフを送る中、今度はリア充グループに属するギャルの星ヶ崎瑠璃が俺のぼっち生活を妨げようとしてきて――!?

「七村はさ、私に話しかけられたら迷惑?」

もうお前ら全員……どうか俺を放っておいてくれ!
最悪で最高、そして残念までに眩しい高校2周目ラブコメ、第二弾!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

36
花見辻空とともに過去に戻り、始まった二度目の高校生活も早二か月。今度は以前助けたリア充グループに属するギャルの星ヶ崎瑠璃が七村に関わってくる第二弾。星ヶ崎や花見辻との噂を囁かれる七村が巻き込まれる、委員長・白峰に推薦された文化祭実行委員、そして七村と関わってくる星ヶ崎の心境の変化。相変わらずぼっち思考に染まっている七村の行動原理には苦笑いでしたけど、そんな彼も周囲との関わりが増えてきたことで、多少心境の変化があったんですかね。七村の誤解を解こうとする星ヶ崎の頑張りに、良い落とし所が見つかって良かったです。2021/11/12

オセロ

34
2巻にしてもはや安心の面白さ。独特の文章のテンポが癖になりそうです。 七村が遠足で花見辻を助けたことで2人の関係を疑う角谷日向や、七村と星ヶ崎が仲良くすることに不満を覚える星ヶ崎の友達の柊優梨愛に目をつけられたりと、1週目とは違う学生生活を送る七村達。 星ヶ崎が柊の蟠りを解決する為に自分を変えようと努力する姿には胸が熱くなりますね。花見辻の七村のぼっち脱却して欲しいという願い徐々に進んでいる中で次巻は夏休み編でしょうか。末永く続いて欲しいシリーズですね。2021/11/15

ツバサ

31
この作品は主人公・七村が変わっていくだけでなく、七村に関わった近くの友人達も変わっていくようで、心温まる物語になっている。人ってすぐに変われなくて、でも変わろうとしないと変わらない。高校生は色々難しい年頃だけど、だからこそ成長していく姿を見るとグッとくるものがあります。続きが読みた過ぎます。ブログにて→ https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/11/13/2100002021/11/13

rotti619

24
2巻は表紙にある通り、今世では救われた娘、星ヶ崎瑠璃がメイン。最近のラブコメは登場人物を絞っているケースが多いが、この作品は主人公の心の変化にテーマがあるので結構登場人物が多い。1巻の時と比べるとド陰キャから徐々に脱却していく姿を直接表現するのではなく、会話や行動の端々に混ぜる事によって、少し変わった事を上手く表現していた。元々友人関係でもなかったヒロイン花見辻空との仲は、はっきりいってしまうと特に進展なし。とはいえ、この主人公が突然そっちに走るのも不自然なので、その辺今後じっくり進む姿を追っていきたい。2021/11/18

わゆ

24
タイムリープしたぼっち主人公とヒロインが高校生活をやり直す物語、第2巻。主に1巻での出来事の余波と、クラスメイトのギャルとのお話がメイン。大きく物語が動くわけでは無いが、タイムリープの設定を忘れるくらいに地に足がついた展開が描かれる。実直に面白い。また1巻で本作の長所だったキャラ同士の掛け合いは相変わらず笑えるもので、今巻の新キャラとの絡みも抜群に面白い。あと根っからの悪人もおらず、安心して読めると感じる。そしてエピローグから、早くも次巻に向けてワクワクが。引き続きこの物語を見届けたい。2021/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18558376

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。