新潮新書<br> 平成のヒット曲(新潮新書)

個数:1
紙書籍版価格 ¥946
  • Kinoppy
  • Reader

新潮新書
平成のヒット曲(新潮新書)

  • 著者名:柴那典【著】
  • 価格 ¥946(本体¥860)
  • 新潮社(2021/11発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106109294

ファイル: /

内容説明

平成とは、どんな時代だったのか――。「川の流れのように」から「Lemon」まで、各年を象徴する30のヒット曲から時代の実像に迫る。ミリオンセラー連発の90年代、音楽産業が大きく変化した00年代、新たな流行の法則が生まれた10年代……。小室哲哉からミスチル、宇多田ヒカル、SMAP、星野源まで、いかにしてヒット曲は生まれ、それは社会に何をもたらしたのか。ヒットの構造を分析し、その未来をも占う画期的評論。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のぶのぶ

29
 よく知った曲ばかりですが、背景やその時の音楽状況を知ると違って見えてくる。「ハナミズキ」は、9.11が背景にあることを知り、歌詞を見直してみる。決して結婚ソングではない。ヒット曲、多くの人が知っている、歌い継ぐ曲は、歌詞が良いことがよくわかる。多くの人に共感を得たり、勇気を与えたり、社会的なメッセージがあったり、業界を変えたりする力がある楽曲。いまだに、CDを買うことにしている自分。サブスクも上手に活用して生きたい。この手の本は、読んでいて楽しい。2021/12/05

しゅん

9
平成がどう終わったかについての本であり、平成を終わらせるための本。森高千里も小沢健二も奥田民生も安室奈美恵もPerfumeも嵐も、時代を象徴する曲が平成の終わりにどのような意味を持ったかという視点から描かれている。つまり、ノスタルジーを切り離すために書かれた本だということ。『ラブストーリーは突然に』について、三連符の多用という楽理的描写とドラマとのタイアップという社会的描写を重ねて、ドラマと同期する効果が音楽的に表れていると書いた箇所は見事な分析だったし、納得が強かった。2021/12/03

Muromi

4
情報の引用先が多角的で新たな発見もありつつ、時代と音楽がどうリンクし合っていたのかが可視化されていて良かった。2022/01/08

カジノ王

2
平成の30年で、各年を象徴するヒット曲を1曲ずつ取り上げていき、歌をとおして社会を、ヒットの構造を考えていく評論。読み終われば納得の30年30曲。個人的な好みに偏らず、フラットな視線で時代を俯瞰しているので、基準となる1冊だと思う。30曲のなかに小室哲哉2曲、秋元康2曲、小林武史2曲、ジャニーズ2曲。前半は10ページくらいの分量が割かれるが、途中でページ数が減っており(最小は2008年5ページ)、音楽業界の苦難を感じさせた。2021/11/23

kidnapthesandy

1
最後に買ったCDはなんだろう。。というか、今CDってどこで売ってるんだ? 今じゃすっかりYouTubeとかAmazon musicとかでしか音楽聴かなくなったな。2021/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18929990

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。