新潮新書<br> 最強脳―『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業―(新潮新書)

個数:1
紙書籍版価格
¥990
  • 電子書籍
  • Reader

新潮新書
最強脳―『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業―(新潮新書)

  • ISBN:9784106109300

ファイル: /

内容説明

・成績が上がる・集中力が上がる・記憶力がよくなる・発想力が豊かになる・ゲームがうまくなる……etc.etc.ではその方法とは!? コロナ禍で自宅時間が増え、大人も子供もスマホやパソコン、ゲームやSNSに費やす時間が増えていませんか? 欧米では運動不足や睡眠不足、うつになる児童や若者の増加が問題になっています。記憶力や集中力の低下、成績悪化、心の病まで引き起こす、そんな毎日を一変させる方法を本年度50万部のベストセラー『スマホ脳』著者、ハンセン先生がやさしく教えます。教育大国スウェーデンの教育現場を変えた、簡単なのに科学的な方法とは!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

172
内容は「運動脳」の子供向け版。しかし、ADHAについての言及は、ADHA気味の私には福音となりました。こういうまさかの出会いは読書ならではないかと思います。読書万歳!2023/10/24

けいご

131
PC作業が多くて、肩も凝るし、目の奥も重いし、おまけに頭がぼーっとする時もしばしば。でも頭よくなりてぇ〜!そんな時はスマホなんかいじっとらんで15分ぐらい運動しなはれ★1万年前からほとんど進化してない僕らの脳は運動する事に特化している脳だから例え現代であろうが1に運動2に運動。3、4が無くて5に運動★ほらほら!そこのぼーっとしてるそこの君!とりあえず体動かしんしゃい!ただし楽しくね★そうすれば脳は成長し続ける!そんな感じの1冊ですw★2022/02/11

Kanonlicht

129
著者自身も最初に言っているように、この本の神髄は「脳を鍛えるには運動すべし」これだけ。ドーパミンは脳のごほうびシステムという話はとても興味深く、4歳のときに目の前に置かれたマシュマロを我慢できた子はその後の調査で、我慢できなかった子よりも成績が良く、社会に出てからは収入も高かったと聞いて、自制することの大切さ(それは前頭葉の発達と密接に関係しているらしい)を痛感した。もう少し運動の機会を増やしてみようかな。2021/11/20

まちゃ

127
元々親子で読めるようにスウェーデン語で書かれた脳の取り扱い説明書、とのこと。日本でも小学校の教材にしたら良いのにと思いました。終始一貫して述べていることは「運動によって脳の機能を強化しましょう」ということ。幸福感、ストレスへの対処、集中力・発想力・記憶力の向上。大人も体を動かさないと。2021/12/30

ちびbookworm

112
★3.5.「スマホ脳」の児童向け版。スウェーデンの小中学校に配布されている。親などからの反響が多く生まれた本。◆脳(集中力・発想力・記憶力)を鍛えるには、脳トレやパズルなどではなく、運動こそ最良の方法だ。◆ストレス、不安には、運動が一番の処方箋(即効薬)になる。◆週3回 最低30分。心臓がドキドキするくらいが良い。散歩でもなんでも良い。◆「スマホ脳」読んだ人は不要かと。大人には前著、小中学生には、本書が◎。 2022/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18907094
  • ご注意事項