新潮選書<br> 私の親鸞―孤独に寄りそうひと―(新潮選書)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,485
  • Kinoppy
  • Reader

新潮選書
私の親鸞―孤独に寄りそうひと―(新潮選書)

  • 著者名:五木寛之【著】
  • 価格 ¥1,485(本体¥1,350)
  • 新潮社(2021/10発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106038747

ファイル: /

内容説明

「自分は人間として許されざる者である」――心の中に孤独を抱きながら、二十代を過ごし、やがて三十歳を過ぎた頃、偶然に出会った親鸞の言葉。その時、なぜ私は「ああ、この人は自分のことを分かってくれる」「とりあえず、自分も生きていくことが許される」と思えたのか。その思想を追い続けて半世紀、わが心の内の親鸞を語る。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おたま

29
五木寛之の新潮講座での親鸞に関する語りをまとめた本。ご自身の、平壌からの戦後引き上げ時、これまで封印してきた過酷なかつ生への執着から行った「悪」に関しても率直に語っている。そこから『歎異抄』における親鸞の「悪人正機」にひかれていったようだ。親鸞は極めて優れた、理論的な宗教活動家であったようだが、それよりも人々の孤独によりそう親鸞にひかれるという。どこか遠藤周作の描いたイエスの像とも重なるように感じた。非常に平明に語られた親鸞像であるが、親鸞への、あるいは『歎異抄』への入門書として手に取るのに適している。2022/04/10

まえぞう

18
既に親鸞三部作、全6巻を上梓されている五木寛之の講話をまとめたもので、親鸞に自身の体験や思索から迫ります。歎異抄が、親鸞本人の執筆によるものではないからこそ、親鸞その人がでているのではとされている点が、成る程なぁと思わせます。確かに、論語も「子曰く、・・・」ですよね。2022/04/02

乱読家 護る会支持!

8
元クリスチャンである僕は、浄土真宗にキリスト教と近いものを感じています。 阿弥陀様による救いを唱える浄土真宗は、ブッダの仏教よりは、キリスト教に近いと思います。 複雑な理論も哲学も必要無く、修行も必要無く、ただただ信ずることで「救われる」「許される」。 矛盾を含んだ社会。非情な人間社会。 社会に生きていく我々は、どうやってもなんらかの罪を犯してしまう、してはいけないとわかっていても悪いことをしてしまう。 そんな弱い存在である人間には、無条件に赦してくれる存在が、絶対的な存在が必要なのでしょう。2022/01/27

田中峰和

6
五木寛之も、89歳。長寿の親鸞の寿命90歳に近づいた。日本を全体主義に導いた北一輝や石原莞爾など、日蓮主義と同様、親鸞思想もファシズムと歩調を合わせていたようだ。日蓮主義ほど好戦的な思想ではないにしても、反戦ではなく全体主義に通底するものがあったと五木も論じる。最晩年ともいえる五木の口から、戦後の平壌から脱出劇が語られる。ソ連の囚人兵たちが歌うコーラスがあまりに美しく、印象に残り帰国後の大学進学にロシア文学を選んだ話は印象的。辛酸をなめさせられたことより、その文化への憧憬が勝ったことが彼の人生を決めた。2022/01/04

Go Extreme

5
親鸞のほうへ: 親鸞その人の息づかい 敗戦と引き揚げの体験 語りたくない記憶 「許されざる者」としての自分 悪を抱いて生きる フォークロアの親鸞像 異端としての親鸞: マウイ島移民と「白い雪」 子ども好きの「蓮如さん」 ロシア正教の異端 生身の親鸞像に近づく 断末魔のきわどい時代 他力と悪人正機: 日本人には罪の感覚がないのか 近代的な親鸞理解への疑問  親鸞思想の危うさ:『歎異抄』ブームと『愛国と信仰の構造』 日蓮思想と宮沢賢治 親鸞の「情」と「理」: 羽仁五郎さんとの対話 「情」と「理」2021/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18721550

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。