デジタル未来にどう変わるか? AIと共存する個人と組織

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,750
  • Kinoppy
  • Reader

デジタル未来にどう変わるか? AIと共存する個人と組織

  • ISBN:9784296109913

ファイル: /

内容説明

デジタル社会を生きるすべての人々へ
「AIに仕事を奪われる」のその後を示す 1冊

オックスフォード大学の研究に端を発する「AIが仕事を奪う」というメッセージに世界は驚き、一時は「AI脅威論」が語られました。しかしそれは程なく「人とAIの共存の始まり」と理解されるようになりました。
私たちの未来はAIと共にあります。それは、どんな世界、どんな働き方になるのでしょうか? 本書は、その問いに向き合った研究成果です。4人の研究者による足かけ5年に及ぶ活動の成果がまとめられています。本書で示していることは、(1)AIと人が共存する仕事のイメージ、(2)AI共存時代に求められる「人」の能力、(3)AIと共存して成果を出す組織、そして特徴的なのは(4)現時点の組織・人を起点に複数の成功パターンを描いていることです。

理想的な能力を持った理想的な組織を描き、これが「未来の仕事」と伝えるのは難しくないでしょう。しかし、あえてそうせず、「非自律的な人材や学習意欲が高くない人材もいる」という現実から目をそらすことなく、読者一人ひとりに「あなたの未来に向けた行動計画を立てられるようにする」というスタンスが貫かれています。そこにあるのは「誰も取りこぼさない」という研究者たちの志、それは、この本の最も素晴らしいところです。

本書を読めば、デジタル時代に身につけるべき能力が分かり、成功の具体的なイメージが描けるようになるでしょう。研究者の高い志のおかげで、読み終わって悲観的になることはありません。デジタル社会を生きるすべての人々に読んでもらいたい1冊です。

目次

第1章 第四次産業革命が働き手に与えるインパクト
第2章 AIと共存する時代にヒトが果たす役割
第3章 AIと共存する人の進化
第4章 AIで業務は変わり続ける
第5章 組織に適したトランスフォーメーション
第6章 あなたに問うキークエスチョン

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
第四次産業革命が働き手に与えるインパクト:産業革命による労働力シフト ホワイトカラー・ブルーカラーへの影響  AIと共存する時代にヒトが果たす役割:人とAIは共存 未来の仕事のイメージ AIと共存する人の進化:人のケイパビリティ ケイパビリティ・セルフマネジメント リカレント教育 HRTech AIで業務は変わり続ける:働き方の4シーン 組織に適したトランスフォーメーション:DX デジタルね―ティブ、ディスラプター プラットフォーム あなたに問うキークエスチョン:未来図を作る7つの質問2021/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18535560

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。