ぼくのうつやすみ 『うつ』になったけど帰ってこれました

個数:1
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

ぼくのうつやすみ 『うつ』になったけど帰ってこれました

  • 著者名:ミヨシ【著】/松山洋【監修】
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • ナンバーナイン(2021/09発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 225pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

―――ぼくは うつ になった。
印刷会社のデザイナーだったぼくはある時、一念発起して無経験のゲーム会社へ転職しました。
やる気だけはある! やれることをやれるだけやっていき、チーフとなり、プレイングマネジメントをこなしつつ頑張っていたそんなある時、大きなキャリアアップのチャンスがやって来ました。やれる気で燃えていました。
ところが結果はというと…超空まわり。
…まるで思ったようにがんばれない毎日…苦しくて苦しくて…
今までにない挫折でいっぱいだったその時でした。“ポコン”というマヌケな音が胸の中で鳴ったのは。
病院での診断は「うつ病」。ぼくは即休職となったのです。
あぁこれで自分はリタイアか…このままフェードアウトするように会社を去るんだと…
ところが自分の予想に反して、ぼくは半年後に戻ってきました。
今までとまったく違う自分になって。

Twitter連載中にたくさんの共感をいただいた本作は、ゲーム制作会社サイバーコネクトツーに所属するミヨシが実体験に基づいて描いたエッセイマンガ。
描き下ろしを収録して書籍化!


<著者プロフィール>
ミヨシ(サイバーコネクトツー 業務部 企画課 デザイン室)
ゲームのタイトルロゴやUIデザインをはじめ、企画書、書籍など各種編集・デザインをメインに行う。イラストレーター「ミヨシ」としても活動する傍ら、最近は展示用フィギュア・ジオラマづくりも手掛ける。