飛田和緒の郷土汁

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy

飛田和緒の郷土汁

  • ISBN:9784418163458

ファイル: /

内容説明

47都道府県で愛され続けてきた郷土汁102品を人気料理研究家 飛田和緒さんがご紹介。北海道の三平汁、岩手県のまめぶ、大阪の船場汁、鹿児島県のだご汁など、日本全国には、バラエティ豊かな汁ものがたくさん。手に入りやすい材料と作りやすさにこだわったレシピなので、その土地に行かずとも、毎日の食卓に並べられるものばかりです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナミのママ

50
『常備菜』などで有名な飛田さんの新刊です。郷土の汁物、それって47都道府県全部にあるの?と思ったら、ありました。102レシピが載っています。知っているものもあるけれど、食べたことがないもの、その土地でないと手に入りにくい食材を使ったもの、色々です。北海道から始まるのですが、実は北海道・東北には食べたいものがなかったのですが、関東からは付箋だらけになり、四国・九州も読むだけになりました。結局は、自分が育った土地に近いものを選んでしまいます。自分で作るより、まずは食べてみたいですけどね。2016/12/21

よこたん

40
“郷土汁は、実はとっても奥が深いもの。寒い地方では体を温めるもの、暑い地方ではサラリと食べられるもの、食材を余すことなく使うものなど、先人の知恵が生かされています。” 端から端まで美味しそうなお椀が満載。ほぼ身近な材料ばかり(代用できるものもちゃんと紹介あり)で作れそうなので、すごく実用的。特に、根菜たっぷりの具沢山のお椀は、全国あちこちでその土地ならではの名前で馴染まれている。この寒い時期、熱々のお椀をふうふうしながら、塩むすびを頬張れば、身体の芯まで温まり、ほんのり上気した笑顔になること間違いなしだ。2017/01/30

野のこ

38
郷土汁って言葉を聞くだけで心がほわっとあたたかくなります。私の地元石川県の「めった汁」名の由来は、めったに食べられない肉が入っていたことや、やたらめったら具を入れることだそうです。何も考えずに食べていたのでお恥ずかしい。もう一品の「小豆汁」は全く知りませんでした。黒糖で味付けした茹で小豆 大根 絹豆腐 塩 ちょっと想像つかないけど作ってみたいです。これからの季節やと「きゅうりの冷や汁」食べたーい!刻んだたくわん必須。2017/07/03

Kei

21
和歌山ですが、高野豆腐の味噌汁、見たことも、作ったことも、食べたこともないぞっ。(笑)でも、作ってみますね。写真が美しく、レシピも簡単なので、即実用、可、がよいです!2017/04/13

はるわか

20
鶏卵汁(秋田)、さんまのすり身汁(岩手)、こしね汁(群馬)、なすびとそうめんのおつけ(富山)、ぼっかけ汁(福井)、とろろ汁(静岡)、あおさ汁・きゅうりの冷や汁(三重)、泥亀汁(滋賀)、飛鳥汁(奈良)、小えびの団子汁(和歌山)、肉汁(大阪)かに汁(鳥取)、きび団子汁(岡山)、つぼん汁(熊本)、鶏汁(大分)、冷や汁(宮崎)2017/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11255266

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。