INTEGRITY インテグリティ―正しく、美しい意思決定ができるリーダーの「自分軸」のつくり方

個数:1
  • Kinoppy
  • Reader

INTEGRITY インテグリティ―正しく、美しい意思決定ができるリーダーの「自分軸」のつくり方

  • 著者名:岸田雅裕【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 東洋経済新報社(2021/07発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784492558034

ファイル: /

内容説明

インテグリティ=高潔さ、誠実さ、真摯であること

世界はこうあるべき、という理想を語れる
「正しい」ことが直観でわかる
チームのアウトプットを最大化できる

40代でトップになる人材の「真・善・美」の教科書

「真摯さ(インテグリティ)よりも、頭のよさを重視する者を
マネジャーに任命してはならない」ピーター・F・ドラッカー

インテグリティが自分自身の軸となれば、
仕事において、そして人生において、
後悔しない意思決定ができるようになります。

【主要目次】
 序 章 インテグリティを追求する私自身の旅
 第1章 インテグリティとは何か―基本的な人格の土台となるもの
 第2章 課題設定におけるインテグリティ―世界はこうあるべき、という理想を語れる
 第3章 意思決定におけるインテグリティ――「正しい」ことが直観でわかる 
 第4章 クライアントの信頼を得るインテグリティ―共感し、共感される
 第5章 チームの力をまとめるインテグリティ ―アウトプットを最大化できる
 第6章 次世代リーダーを育てるインテグリティ― 部下に活躍の場を与える 
 第7章 インテグリティを培う――歴史に学び、「学び方」を学び続ける
 終 章 60歳からの挑戦――なぜラッセル・レイノルズに転職したのか

目次

まえがき インテグリティを自分自身の軸とする
序 章 インテグリティを追求する私自身の旅
第1章 インテグリティとは何か――基本的な人格の土台となるもの
・「お金にルーズな人」「他責の人」はうまくいかない
・「儲かるから」「給料が高いから」を基準に動くのは残念な人
・ドラッカー、バフェットも「インテグリティ」の大切さを説いている
第2章 課題設定におけるインテグリティ――世界はこうあるべき、という理想を語れる
・産業を変えたいと思っている経営者と仕事をする
・理想を持つ経営者に学ぶ「課題設定力」
・「就社」ではない時代がやってきている
第3章 意思決定におけるインテグリティ――「正しい」ことが直観でわかる
・ロジカルであることは必要条件だが十分条件ではない
・自分の物差しがあれば直観でわかる
・リクシル瀬戸氏のCEO復帰を後押しした「正しい意思決定」

第4章 クライアントの信頼を得るインテグリティ――共感し、共感される
・解のない連立不等式を解く
・正しいことを実行する突破者になる
・クライアントとはプロヴォカティブに対峙する
第5章 チームの力をまとめるインテグリティ――アウトプットを最大化できる
・「君は部下からの評価は低い」と指摘される
・個人プレーではよい仕事、大きな仕事はできない
・情報、人脈を共有することが大切
・リーダーの仕事は「登る山」を決めること
第6章 次世代リーダーを育てるインテグリティ――部下に活躍の場を与える
・リーダーの最も大事な仕事は次のリーダーを育てること
・後輩や部下が輝ける場所をつくる
・自分を超えそうな人材こそを採用する
・38歳のリーダーを育て、選んだ理由
第7章 インテグリティを培う――歴史に学び、「学び方」を学び続ける
・大事なのは「学び直す力」「学び方を学ぶ」こと
・読書によって教養、知的雑談力のベースをつくる
終 章 60歳からの挑戦――なぜラッセル・レイノルズに転職したのか
・ISLで次世代リーダー人材育成に関わる
・戦略を実行できるかはリーダー次第
・日本の経営者の質を高める仕事に挑戦
コラム インテグリティを培う「お薦め本」
あとがき 仲間への感謝とインテグリティ
謝辞

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hinotake0117

2
なかなか日本語にしづらい概念で「真摯さ」「正しいことをする」というところかと思うが、これまでのコンサルティング人生からその大切さを伝える書。 「善」「美しさ」を価値観の根底に持ち、「こういう社会、こういう会社がいい」という自分の意見をもつ。学び直しも重要。 https://t.co/XxMBDQHrY22022/02/13

さわでぃー

2
ビジネスを正しくあろうとしている人には参考になるのと背中を押されそう。2021/11/08

Koi

1
コンサル思い出話が多い。どちらかというとコンサルあるあるの方が比重が高く、帯から期待していた『組織に好影響/悪影響を及ぼす人間の特徴=Integrityの有無の実例や掘り下げ』は結局分からず。ドラッガーの引用『真摯さに欠けていては組織を破壊する。組織の精神を損ない、業績を低下させる』を知れて良かった。Integlityとは、自分の中にある一貫した物差しともいえる。Integlityが無いものが組織のリーダーになると、その人の能力でチームのパフォーマンスの上限ご設定され、会社にとって損失となる。2021/09/20

茶屋博紀

0
ちょっと鼻につく2022/05/17

サボテン

0
コンサルタント業会の話が多くて、イマイチな部分もあったがリーダーの仕事は「登る山」を決めることという話と、戦略を作ることは誰でもできるが実行できるかどうかで相当な差がつく、それはリーダー次第という話が頭に残った。 バフェットもドラッカーも「インテグリティ」の大切さを説いている。誠実、志を持つことは大事だ。2022/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18125758

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。