日本経済新聞出版<br> ソニー再生 変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

日本経済新聞出版
ソニー再生 変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」

  • 著者名:平井一夫【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 日経BP(2021/07発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784532324124

ファイル: /

内容説明

ソニー元経営トップによる初めての著書!
異端のキャリアから生まれた経営哲学を語る!

かつて世界にその名をとどろかせたソニーは、未曽有の危機に見舞われていた――。
2012年3月期、5000億円を超える大赤字の中でソニー社長の重責を引き受けた著者は、
なにから手をつけ、復活を果たしたのか。
本書では、ソニー再生という難題に挑んだ「異端社長」の知られざる歩みを振り返る。

キャリアの始まりはCBS・ソニーでの音楽事業。
バラバラだったソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)・アメリカを改革し、
次にプレイステーション3の販売不振に悩むSCEを立て直す。
そしてソニー社長となり、巨額赤字に苦しんだ名門企業を再生。

3度のターンアラウンドに成功した「変革のプロフェッショナル」は、
異端ともいえるそのキャリアで何を身につけたのか。

「異見を取り入れろ」
「リーダーはEQが高くあれ」
「痛みを伴う改革は先送りせずやり遂げる」
「社長は自社商品の一番のファンでなければならない」……
いまの時代だからこそ求められる経営哲学を自ら語る。

【本書の構成】
プロローグ 約束
第1章 異邦人
第2章 プレイステーションとの出会い
第3章「ソニーを潰す気か! 」
第4章 嵐の中で
第5章 痛みを伴う改革
第6章 新たな息吹
エピローグ 卒業

目次

プロローグ――約束
・3度の経営再建
・「このままじゃ、潰れる」ほか

第1章 異邦人
・一家でニューヨークに
・「異」なるもの
・CBS・ソニー
・ニューヨークに戻ってしまう ほか

第2章 プレイステーションとの出会い
・丸山さんと久夛良木さん
・泣き出す社員
・つらい仕事こそリーダーがやる
・量は追わない ほか

第3章「ソニーを潰す気か!」
・目の前にある危機
・SCEへの逆風
・臨場感が危機感を生む
・1・8キロの執念 ほか

第4章 嵐の中で
・四銃士
・サイバーアタック
・ソニーの社長に
・「KANDO」に託した思い
・エンジニア魂に火をつけろ ほか

第5章 痛みを伴う改革
・「550 Madison」売却の狙い
・アップルから学ぶこと
・「異見」を求む
・「イエスマンにはなりません」
・苦渋の事業売却 ほか

第6章 新たな息吹
・「東京をお任せする」
・未完のモバイル改革
・「次の芽」を育ててこそ
・社長が関与せよ
・アイボからEVへ ほか

エピローグ――卒業
・「危機モード」のリーダー
・次の夢 ほか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ミライ

33
ソニーの元社長である平井一夫さん初の著書。内容は自伝的なかんじで、平井さんの幼少時代~ソニー入社(入社当初はは音楽関係の部署)~ソニー・コンピュータエンタテインメントを改革して立て直し、社長となりソニーを再生するところまでが語られる。プレイステーション1,2,3くらいまでのヒットの裏側が垣間見れて面白かった。EQ(心の知能指数)やリーダーシップ周りの話も多いので、良質なビジネス本としても読める。2021/07/31

けん

17
【★★★☆☆】SONYの歴史がわかる。改革の決定打はなんだろう。またEQ(心の知能指数)など興味深い。2021/07/25

ベラ

7
自信を失って力を出せなくなっている社員たちの心の中に隠されている情熱を解き放つリーダーシップとは?□会社設立の目的を掘り起こし、原点からの流れを考えて再生に必要な要素を集約したワード「感動KANDO」を使ってソニーをひとつにまとめた。□意志あるところに道あり□リーダーは…1、聞き役にまわる2,期限を区切って決定する3,最後はリーダーが決め、責任はリーダーが取ることを明言する□主張は食い違ってこそ。ぶつけ合って解をみつけていく。2021/08/03

magic makky

6
【感想】「意志あるところに道は開ける」が著者の座右の銘であり信念だそうだ。とにかく決めたらとことんやり続ける。彼は、ソニーの関連会社から始まってソニー本体まで3度にわたって経営再建を成し遂げた。いずれもバラバラだった組織の方向をひとつにまとめて成果を出してきたことが記されている。そのポイントをピックアップすると、「クリエイターファースト」「量より質」「会社は何のためにあるのか?(方向性は)」「従業員に直接語る」「異見を求める」。よく言われる事ばかりだが、簡単ではない。やりきってきた事は、凄いと思う。2021/09/17

Sumiyuki

5
逆境に燃える社長。幼少期よりマイノリティの立場にて過ごした。ジョンカビラの後輩。KANDO。やり抜く覚悟。@もし部下による選挙が行われたとしよう。自分が当選する自信がありますか?@異見を募り、それらを取り入れていくことは経営哲学という以前に私の人生の歩みそのものだったような気がする。2021/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18193141

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。