ゼロから覚醒Final 読解力完成現代文

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ゼロから覚醒Final 読解力完成現代文

  • 著者名:柳生好之【著】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • かんき出版(2021/07発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784761230432

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

『ゼロから覚醒 はじめよう現代文』『ゼロから覚醒Next フレームで読み解く現代文』に続く、現代文『ゼロから覚醒』シリーズの集大成!

「時間内に解き終わらない」をなくします!
□超長文の最新入試問題が解ける!
□文章の要約がスラスラ書ける!
□共通テストの複数テクストが読める!

読解力を「完成」に導く最良の9問を厳選!
入試レベルを突破する合格への最強ロードマップ

【本書の特長】
本書は、最新の入試問題に対応する方法を学べる本です。
演習の目安時間を参考にして入試問題に取り組み、「読」と「解」のポイントをマスターしましょう。
超長文の入試問題を時間内に解くためには、必要な情報を自分の手で整理する必要があります。
本書をすべて読み終えたときには、情報整理力が「覚醒」して、入試問題に立ち向かう自信がついているはずです。

【はじめに より】
近年の大学入試問題は長文化が進んでいて、二、三〇年前の入試問題と比べてみると、出題される文章が二倍から三倍くらいの分量になっています。また、選択肢もどんどん長くなっています。
ためしに、センター試験がはじまった年の問題と共通テストがはじまった年の問題を比較してみましょう。
●1990年大学入試センター試験第1問……1625字(文章のみ)
●2021年大学入学共通テスト第1問……3401字(文章のみ)
試験時間は変わっていないので、同じ制限時間でこれだけ長くなった文章に対応しなければなりません。明らかに二、三〇年前と同じ対策をしていてはいけないことがわかると思います。
(中略)
長文の入試問題を目の前にしたときにみなさんがやるべきことは、たくさんの情報の中から必要な情報だけを集めて整理することです。ものすごく長いと思えるような文章であっても、必要な情報を自分の手で整理していけば、必ず時間内にポイントをつかんで読み切ることができます。
この本でみなさんの情報整理力を覚醒させます。
それでは、『ゼロから覚醒』の最終章、みなさんの成長を最高に楽しんでいきましょう。