テキスタイル論

個数:1
  • Kinoppy

テキスタイル論


ファイル: /

内容説明

モリスのテキスタイル哲学が凝縮された代表的な織物芸術論『テキスタイル論(原題:Textiles)』の新訳です。1893年発行のアーツ・アンド・クラフツ・エキシビション・ソサイエティ論文集『アーツ・アンド・クラフツ・エッセイズ』に掲載されました。モリスの織物芸術に対する考えが簡潔に表現され、重要な主張をまとめた論文として知られます。織物に対して何を重視し、何を嫌悪し、そして織物のデザインはどうあるべきかを説いた古典として読み継がれてきました。
モリスのデザインには、自然界への賛美と、手仕事への畏敬があり、それらがしっかりと表現されています。その背後には、モリスの厳しい思想と、品質よりもコストを優先する産業構造への問題提議がありました。その考えが、この『テキスタイル論』にはしっかりと記されています。

目次

本訳書は次を底本としました。
TEXTILES
William Morris
Arts and Crafts Essays (Page 22)
By Members of the Arts and Crafts Exhibition Society
London, Rivington, Percival, & Co.(1893)