KS医学・薬学専門書<br> 潰瘍性大腸炎・クローン病の今すぐ使える安心レシピ 科学的根拠にもとづく、症状に応じた食事と栄養

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

KS医学・薬学専門書
潰瘍性大腸炎・クローン病の今すぐ使える安心レシピ 科学的根拠にもとづく、症状に応じた食事と栄養

  • ISBN:9784065227657

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【栄養学の「今」がわかれば、もう食事に迷わない!】
科学的根拠に基づいた最新の栄養学がわかれば、
今、自分が何をつくって食べればよいのかがわかります。
自分の症状に合ったレシピで料理にチャレンジ!

<著者紹介>
宮﨑拓郎 株式会社ジーケア代表取締役,米国登録栄養士
中東真紀 鈴鹿医療科学大学 准教授,みえIBD患者会事務局代表,管理栄養士
杉原康平 ミシガン大学消化器内科博士研究員,管理栄養士
山本隆行 独立行法人地域医療機能推進機構四日市羽津医療センター主任外科部長兼IBDセンター長,消化器外科医師
堀田伸勝 株式会社ジーケア代表取締役,公益財団法人東京都保健医療公社豊島病院消化器内科,消化器内科医師
下山貴寛 独立行法人地域医療機能推進機構四日市羽津医療センター外科医員,消化器外科医師

<目 次>
Part 1 病気の基礎知識
   1.炎症性腸疾患(IBD)について
   2.IBDの特徴と内科的な治療について
   3.外科的な治療について
    ◆体験談1
Part 2 栄養の基礎知識
   1.IBDにおける栄養療法の重要性
   2.IBDにおける食事療法のポイントと栄養必要量
   3.IBDにおける食品の選択
   4.IBDとプロバイオティクス
    ◆体験談2
   5.消化器症状に対する食事療法-低FODMAP食
   6.IBDにおける寛解期の便秘
   7.IBDと食品添加物
   8.IBDと栄養療法(経腸栄養)
    ◆体験談3
   9.IBDにおける手術後の食事
    入院中に病院で提供されるのはどんな食事? 
    ◆体験談4
Part 3 実践編:レシピと献立
   レシピの使い方
   レシピ集
   レシピの活用方法
    活動期の1日の献立例
    寛解期の1日の献立例
    退院直後の1日の献立例
    ストーマ造設後の1日の献立例
    クローン病で狭窄がある患者さんの1日の献立例
   IBD患者さんおススメの便利な調理グッズ
  
   食品一覧表
   IBD患者さんの災害時における備え
    ◆体験談5
   潰瘍性大腸炎・クローン病患者さんの加入をお待ちしている患者会一覧 
     

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

目次

Part 1 病気の基礎知識
1.炎症性腸疾患(IBD)について
2.IBDの特徴と内科的な治療について
3.外科的な治療について
◆体験談1
Part 2 栄養の基礎知識
1.IBDにおける栄養療法の重要性
2.IBDにおける食事療法のポイントと栄養必要量
3.IBDにおける食品の選択
4.IBDとプロバイオティクス
◆体験談2
5.消化器症状に対する食事療法-低FODMAP食
6.IBDにおける寛解期の便秘
7.IBDと食品添加物
8.IBDと栄養療法(経腸栄養)
◆体験談3
9.IBDにおける手術後の食事
入院中に病院で提供されるのはどんな食事?
◆体験談4
Part 3 実践編:レシピと献立
レシピの使い方
レシピ集
レシピの活用方法
活動期の1日の献立例
寛解期の1日の献立例
退院直後の1日の献立例
ストーマ造設後の1日の献立例
クローン病で狭窄がある患者さんの1日の献立例
IBD患者さんおススメの便利な調理グッズ

食品一覧表
IBD患者さんの災害時における備え
◆体験談5
潰瘍性大腸炎・クローン病患者さんの加入をお待ちしている患者会一覧

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yukipitasu

1
レシピ数は他のより少ないが、栄養学の基礎知識のページが凄く多い。IBDにおける栄養療法の基礎を知っておけば、応用が効くから買っとくといいのかもしれない。2022/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18050217

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。