【文庫】増補新版 よくわかる慰安婦問題

個数:1
紙書籍版価格
¥880
  • 電子書籍

【文庫】増補新版 よくわかる慰安婦問題

  • 著者名:西岡力
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 草思社(2021/06発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794219428

ファイル: /

内容説明

かつて日本は朝鮮半島の女性たちを「強制連行」して「性奴隷」にしていた!?
―九〇年代に突如として巻き起こったこの「慰安婦問題」は、さまざまな検証を経て、真実ではなかったことが明らかにされている。
にもかかわらず、繰り返し日本非難の火の手はあがり、日韓関係の根幹をゆるがす事態にまで発展しつつある。
なぜこのようなことになったのか。
そもそも「慰安婦問題」とは何か。
日韓・日朝関係の専門家が問題の核心と真実とを明快に解き明かす。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keyua

8
日本軍が慰安婦に対して強制連行を行った事実があるかどうか。吉田清治氏の強制連行説、宮沢喜一首相の謝罪、河野内閣官房長官の慰安婦関係調査結果の根拠を調べ追求されている。強制連行は証明されていないという立場での意見。同意の上とはいえ、慰安所の生活が悲惨な条件であった事は事実で、それを強制連行でなかったので問題はないこととして済ませて良いものか、慰安婦問題について考えさせられました。2014/11/07

よしひろ

6
従軍慰安婦の真相はどうだったのか。残念ながら、戦争時に軍による強姦などの残虐行為がしばしばある。その事実に対して、今の日本人がどう向き合うか。世代が違えど尾を引く問題であるならば、正視して考えていくことも大切。ただし、何でもかんでも謝ったり、賠償金は払っていると主張するのは、国際社会で日本が認めたと見なしても無理はない。被害者はあることないこと申したてる時があるのだから。その辺の事実関係の整理をする必要がある。日韓基本条約は日本にとって諸刃の剣にもなりうる。2015/08/22

Terry Knoll

3
朝日新聞が、従軍慰安婦報道を取り消す前(2014年8月5日)に出版された本。 調査の上で「強制連行の事実を裏付けがない」すると、同時に反論すべき点も反論せず、日本政府のその場逃れての謝罪外交も非難しています。 2017/08/04

しろくまZ

3
慰安婦問題について非常に分かりやすく書かれている。現在、安倍政権が成立して数ヶ月だが河野談話の見直しは出来そうになく、状況の深刻さがうかがわされる。この問題の背後には北朝鮮の影があるというが、それが狙い通りになり、日韓関係は既に修復不可能だろう。多くの日本人が「爆発寸前」ではないだろうか?2013/06/20

kouki_0524

3
吉田という男のいい加減な著作に端を発し、朝日新聞の記者によって拡散された、慰安婦に関する謝った見解を冷静に分析した本。力作であり、この問題に対する姿勢をニュートラルにしてくれる。 しかし、この本で批判されている吉見氏をはじめとして、吉田とは別の証言が研究されており、日本軍の関与なしとするのは難しい気もする。深く理解するには、いくつかの文献を読む必要がありそうだ。2013/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5911234
  • ご注意事項