宝島社文庫<br> 二重螺旋の誘拐

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy

宝島社文庫
二重螺旋の誘拐

  • 著者名:喜多喜久【著】
  • 価格 ¥641(本体¥583)
  • 宝島社(2021/07発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784800233110

ファイル: /

内容説明

誘拐は連鎖する!? 『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞作『ラブ・ケミストリー』(累計12万部突破)で人気を集めた著者による、緻密にして大胆な誘拐ミステリー! 大学に勤務する香坂啓介は、先輩・佐倉雅幸の一人娘・五歳の真奈佳に、妹の面影を重ねて可愛がっていた。ある日、帰らない真奈佳を心配する雅幸と妻・貴子の元に、誘拐を知らせる電話が……。啓介と雅幸の物語は、螺旋のように絡み合っていく――。巧緻なプロットと周到な伏線が、ド派手などんでん返しを演出します。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆきちん

48
大学で助手をつとめる啓介は先輩の娘真奈佳に亡くなった妹の面影を重ねて可愛がっていた。ある日行方不明になった真奈佳。両親の元には脅迫電話が。啓介はマナちゃんが望んだため家に連れてきてしまうが、ある日家に帰ると何者かに誘拐されており、脅迫電話が。二重に起こる誘拐事件。研究内容をめぐる話、親子の確執。何やややこしいけど、どう決着するのかとおもったら、そうなって、そうなって、そうですか!よく練られてるんじゃないかな。スッキリします。2018/01/28

takaC

43
今度はカバー画にマナちゃんがいるね。11年違いの曜日差は依然未検証。2014/11/29

すたこ

36
★★★初読み作家さん。違和感を感じ、トリックに薄々気付いてたものの最後の騙された感がすっきり。良く練られていて、しっかりと読める作品。ラストのラストは突っ込まずにはいられないような(笑)2018/07/18

momi

34
文庫になるのを待って購入!これ、そう言う話だったのですね…。うっ…。29歳の男が5歳の女の子を好きになる話から始まっていて、最後まで読めるのか不安になりました…。ある日、事件がおきます…。幼女誘拐事件の顛末とは!たしかに騙されます!!複雑に絡み合い予想もしない結末でした…が、最初のほうで男が女の子を抱きしめたシーンが印象に強く残り、最後までゾゾッとしたイヤ〜な感じが拭えませんでした…。2014/11/22

punyupunyu

17
最後のほうまで読んで、2つの誘拐事件が書かれていること、起きている時期が違うことに気づきました。なるほど、二重螺旋の誘拐、だ、っと納得。これまでの著者の作品から類推して、DNA関連の何かが主題なのだろうと思ってしまった私は、著者の思惑にはまってしまったのでしょうか。読みはじめ、これまでと違う、誘拐・差別など暗い印象でスタートしましたが、結果、良しですかね。2014/11/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8301410

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。