「脱炭素」は嘘だらけ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

「脱炭素」は嘘だらけ

  • 著者名:杉山大志【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 産経新聞出版(2021/06発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784819113991

ファイル: /

内容説明

小泉大臣!
問題はレジ袋ではなく中国です

【IPCCや日本政府の審議会で委員を務める著者があらゆる欺瞞を暴く】

◎「CO2ゼロ」は中国の超限戦
◎バイデン大統領はCO2を減らせない
◎脱炭素は国民経済を破壊する
◎気候危機はリベラルのプロパガンダ
◎危機を煽るNHKと環境白書

【櫻井よしこ氏大推薦】

米国の共和党支持者は温暖化危機説がフェイクであることをよく知っている。議会でもメディアでも観測データに基づいた合理的な議論がなされている。
しかし日本はそうなっていない。のみならず強固な利権がそこかしこにできてしまった。
省庁は各々の温暖化対策予算と権限を持っている。
その補助金に群がる企業がある。
研究者は政府予算を使って温暖化で災厄が起きるという「成果」を発表する。
メディアはそれをホラー話に仕立てて儲ける。
この帰結として日本の国力は危険なまでに損なわれつつある。


温暖化のファクトがこの一冊でわかる

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミライ

33
温室効果ガスの排出削減を巡る、いわゆる「グリーンバブル」の裏側を語った一冊。現在世界中で叫ばれている「地球温暖化」は科学的根拠が薄く、風力発電や太陽光発電に切り替えたからといって電力を安定供給できるわけはなく、逆に国が疲弊していく(太陽光・風力発電は意外にエネルギーを多く使うので実はこちらも地球環境にあまりよくない)。また、こういった脱炭素の裏では中国が暗躍しているといった問題もあり、ちょっと専門用語が多いが勉強になる一冊。2021/07/17

0717

14
急進化した環境運動が日米欧の政治を乗っ取ることに成功し、巨大な魔物となり、自由主義諸国を弱体化させ、チャイナの台頭を導き、我が国存立の脅威になっている。地球温暖化は緩やかにしか起こってなく、その理由の一部はCO2だが、その仕組みはよく分かっていない。このままCO2削減を強引に進めるなら経済破綻を招く。チャイナによる超限戦の一形態である事がよく分かる。2021/08/21

k6pn

6
地球温暖化が自然災害増加の原因である、という事への疑わしさをデータに基づいて示してくれている。「脱炭素」がなぜ絶対的に正しい事にされてしまうのか、メディア・政府等の関わりについても言及。議論や検証も無くいつの間にか正しいとされたことには反論も許されない。「脱炭素」以外のテーマでも、このような風潮が世界的に広がっている事に恐怖を感じる。2021/10/10

depo

4
図書館本。すべての悪いことは地球温暖化が原因のようで、夏の台風・水害だけでなく冬の豪雪もその原因は地球温暖化だという。そして地球温暖化の原因はCO2だという。都市化とか、太陽の黒点とか、雲とか、他の要因は全くないのだろうか。NHKが温暖化の様相として氷河の氷が海に流れ落ち様を放送していたが、氷河は河なので流れるのは当然では?昔、近い将来氷河期が来るという本が書店に積まれていたのは何だったんだろうか。2021/10/12

乱読家 護る会支持!

4
科学的真偽とは、因果関係を明確化するエビデンスを積み重ねていくこと。 あらゆる政策は、科学的根拠、経済的根拠、人道的根拠がまず最初に示されるべきなのだが、同じ事を権威者から何度何度も繰り返し語られると、「空気を読む」日本人は騙されやすい。 僕は「脅威論」「懐疑論」のどちらが正しいかはわからないけど(そもそも、今の人類の科学力で判断出来ないと考える)、技術力の有る日本は、「温暖化脅威論」をかしこく使って、ビジネスに活かしていけばいいと僕は思う。2021/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18181417

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。