宝島社文庫<br> ラブ・ケミストリー

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy

宝島社文庫
ラブ・ケミストリー

  • 著者名:喜多喜久【著】
  • 価格 ¥565(本体¥514)
  • 宝島社(2021/06発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784796688574

ファイル: /

内容説明

大好評、第9回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞作。「前代未聞空前絶後の有機化学ラブコメ。いやもう爆笑です」大森望(翻訳家・書評家)はじめ、「見事にだまされた! 」「爽やか青春物!」「爽やか恋愛物語」など読者の声続々! 待望の文庫化です。有機化学を専攻する大学院生・藤村桂一郎は、化学化合物の合成ルートを瞬時に見つけることができる理系男子。しかし研究室の新人秘書に初めて恋をしたとたん、その能力を失ってしまう。そんな彼のもとに、カロンと名乗る死神が「あなたの望みを叶えてあげる」と突如現われて……。超オクテの草食&理系男子の初恋は成就するのか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちょこまーぶる

104
ミステリーは薄く恋愛ものとしてちょっぴりドキドキしながら気軽に読める一冊でした。有機化学を研究している理系男子の初恋の話ですが、彼の何とも言えない不器用さと言うか無垢と言うか・・・そんな彼に共感でき理系男子に限らず世の男子には多いのではないかと思えるほどでしたね。恋によって彼の天才的能力が失われて死神が救世主として現れるのですが、不器用男子にとってはこんな死神なら逢ってみたいだろうと思える死神でした。そして、彼女とは上手くいかなかったけど、性同一障害の友人と彼の間でのお互いの命を分かち合う関係は素晴しい。2015/06/06

た〜

91
カロンがもっと神々しいのかとおもいきや、なかなかのお茶目さんだった。オチとしてはほぼ予想通り(真下さんの扱いが投げっぱなしに近いこと以外は)だし、心理描写も甘いけれど、全体として面白かった。2016/09/29

gonta19

90
2014/4/5 Amazonより届く。2016/2/11〜2/14喜多氏の有機化学ラブコメ。何十年ぶりかのインフルエンザに伏せりながら読了。有機化学ではないが、同じ化学を生業とする私にとって非常に共感出来る内容。今回、イナビルを処方されたが、これらのインフルエンザの薬も有機合成屋さん達のおかげなんだよな。しかし、本当に桂一郎のような能力があれば良いよなぁ。2016/02/14

キングベルⅩ世

85
SFというかファンタジーというか、とにかくミステリーではなくラブコメ要素が強い。オチはちょっと強引で拍子抜けな感じは否めないけれど、読みやすくて漫画のような展開やセリフは面白かった。化学の知識なんかは全く不要だし、わかりやすい説明もあり。真下さんより岩館さんの方が圧倒的に魅力的なのは文章だからかなぁ…。しかしタイトルは改題前の「有機を持って恋せよ」の方がこの作品に合ってて絶対面白いと思う。2015/03/10

hirune

80
依頼者は誰かなぁ?と何人か候補を考えてたけど、最後まではっきりはわかりませんでした。しかし、こんな力技的なんでもアリのハッピーエンドなんて…大好きですよ^^;でも藤村桂一郎クン、単なる面喰いなだけじゃないの??アンタ。他の研究者からしたら垂涎の、反則まがいの能力を持ってるくらい有機化学の神様に愛されてるんだし、寿命も半分になっちゃったんだから、サッサとノーベル賞でも何でも取っちゃってください!(強力な内助の功も期待できるしね☆)2015/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4652108

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。