超加速経済アフリカ―LEAPFROGで変わる未来のビジネス地図

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

超加速経済アフリカ―LEAPFROGで変わる未来のビジネス地図

  • 著者名:椿進【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 特価 ¥990(本体¥900)
  • 東洋経済新報社(2021/05発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784492212479

ファイル: /

内容説明

大前研一氏推薦! “人類発祥の地「アフリカ」がいよいよ来た!”

この本は、現地情報×ファクトフルネスで、30年前の頭を切り替える新感覚ビジネスパーソンの教養書です! たとえば、次のことはすべて、アフリカのファクトフルネスです!

◆ 15分以内に輸血用血液バッグを運ぶドローン
◆ 銀行口座がなくてもキャッシュレス決済
◆ どんな田舎でも受診できるAI医療診断
◆ 東アフリカ主要国の首都を結ぶ高速鉄道
◆ 西アフリカのドバイを造る2000億円プロジェクト

ほかにも、爆発的な人口増加、平均年齢19歳、テック系スタートアップの躍進、キャッシュレス化率90%、新幹線の開通、ショッピングモールの登場など、まだまだ驚きの事実があります。

本書を読めば、アフリカのイメージがきっと一変します。アフリカは、かつて日本や中国、インドが歩んできた道を、加速度をつけて突き進んでいるのです。最先端のテックビジネスが社会実装され、近未来のビジネス地図がまさに今、書き換えられようとしているのです。

目次

はじめに
第1章 アフリカは想像以上に大きくて、若い
第2章 アフリカはどんどん豊かになっている
第3章 アフリカはかつて日本が経験した急成長期にある
第4章 アフリカは先端技術が日本より浸透している
第5章 アフリカは医療テック市場が世界で最も熱い
第6章 アフリカは巨大市場になりつつある
第7章 アフリカは日本企業がもったいない状況にある
第8章 アフリカは国内格差がまだまだ大きい
第9章 アフリカは驚くような巨大開発を行っている
第10章 アフリカは4つの進出パターンで勝負する
おわりに

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ステビア

22
アフリカは数十年前の日本!これから大きな成長が見込めるのだ!2021/06/08

てつJapan

19
【良かった】良かった。 ● ですが、ケニアやナイジェリアなどの一部の国のトピックが中心で、「アフリカ」がつかめるわけではないです。 ● 期待していたよりは広く浅い印象で、新聞やビジネス誌で既知の情報も多い。 ● 著者のアフリカに対する思いは伝わります。 ● がんばっている日本企業もありますが、中国の進出のほうが一枚以上上手なのがわかる。2022/02/01

双海(ふたみ)

15
貧困と内戦のイメージがあったアフリカ。それは一面に過ぎないと思い知らされた。マサイ族がスマホを持っているとは・・・。あと、中国や韓国の進出がすごい。日系企業のシェアを奪う、彼らはこれを本気でやる。多くは片道切符なので、2~3年の腰掛の日本の駐在員とは覚悟が違う。資源の確保も国際世論(国連の投票)も自国に有利な状態に持っていく。2021/08/15

jackbdc

14
オーディブル。構成も文書も練られており簡潔で分かりやすい。国都市から企業やブランド等固有名詞が豊富に登場しイメージが掴める。アフリカがとても広いこと、気候的に意外と過ごしやすいこと、経済の勢いが凄まじいこと等を改めて学んだ。しかし、私自身の行動特性を鑑みると、いくら何でもドメスティックな生活から今後直接アフリカに乗り込んで、という変化を企図するつもりは無い。しかし間接的な関わりは増えるかもしれない。アフリカ関連の人や文化と接点を増やし、現地に訪問したり、投資案件に関わる事も悪くないと思うようになった。2022/03/01

クサバナリスト

12
アフリカのイメージが変わる。マサイ族へのスマホの普及、ケニアでのM-PESAによるモバイルマネーの活用、ルワンダでのドローンによる血液や医薬品のデリバリー、スマホによる無料国際個人送金等々。 アフリカの各地で中国の進出が著しいが、日本からも中古車販売、船外機、ウィッグ素材等販売を広げているものもあり、今後も開拓先としてビジネスチャンスがある場所である。2021/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17825346

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。