パチンコ崩壊論

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

パチンコ崩壊論

  • 著者名:大崎一万発/ヒロシ・ヤング
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 扶桑社(2021/04発売)
  • 夏はすぐそこ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/20)
  • ポイント 400pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784594087531

ファイル: /

内容説明

新型コロナウィルスに端を発した2020年春に出された緊急事態宣言。この宣言下でも営業を続けたことで苛烈なバッシングを受けたパチンコ業界は、これまでにない苦境に立たされることとなりました。

コロナがパチンコ業界にもたらしももの、変えたものとは一体何だったのか……。そして、斜陽化が加速するパチンコ業界の未来は一体どうなっていくのかをパチンコに魅入られ、半生を捧げた大崎一万発・ヒロシヤングの2人が余すことなく語り尽くした一冊です。

メーカやホールなどパチンコに携わる人々だけでなく、ファンやパチンコに興味のない一般層にも大きな反響を呼んだ前作『パチンコ滅亡論』に続くパチンコ文化論の第二弾。業界関係者が目を背けるパチンコ問題の核心に迫ります。

・日本社会の一員として見られていないパチンコ業界
・“客として特殊な存在のパチンコ客
・パチンコ業界のドンは誰なのか?
・警察がパチンコを積極的に取り締まらないワケ
・依存とパチンコ……脳汁とは何なのか?
・スペシャル鼎談~1~「脳汁から考えるパチンコ依存」篠原菊紀(脳科学者)
・スペシャル鼎談~2~「パチンコと警察 釘と未来」POKKA吉田(ぱちんこジャーナリスト)