犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい(6)

個数:1
紙書籍版価格 ¥935
  • Kinoppy
  • Reader

犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい(6)

  • 著者名:松本ひで吉【著】
  • 価格 ¥858(本体¥780)
  • 講談社(2021/04発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065229996

ファイル: /

内容説明

テレビアニメ化、大好評! 
累計100万部突破の動物エッセイコミック。

犬くんは張りのあるおヘソが目立つおなか。
猫さまは便秘がちのキュルキュルなおなか。
先代の犬は細くてシミの多いおなか。
先々代の犬は子どもを産んだ後に手術をしたので
キズのあるお母さんのおなかーーー。
思い出は、おなかの形で残っている。
読めば今すぐ動物たちをモフりたくなる第6巻!
描きおろしもいつものように大量収録いたしました。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鱒子

77
友人本 犬も猫もレオパちゃんも、安定の可愛らしさ愛おしさ。この本を読んでいると、顔が勝手にニコニコしちゃう。「くるぞーくるぞー」の顔とか、期待しすぎて「トテチテ」のステップを踏んじゃうとか、ウチの犬 ノエたんもまったく一緒です(笑 2021/05/13

アナーキー靴下

70
私は子供の頃から猫と暮らしていて、今では猫を崇拝してさえいるが、犬だって好きである。しかし現実的に難しいので、毎日散歩が大変、とか、しつけに失敗したら私には制御できないモンスターを生み出してしまう、とか、酸っぱいブドウ的なあれこれ理由をつけて、犬との暮らしは諦め続けている。そんなこんなで折り合いをつけていた、私の眠れる渇望を、この漫画は呼び覚ましてきたのである。猫側の話はまったくもってあるある話、大爆笑の連続で、知らないはずの犬側の話もありありと浮かんでしまう。新刊が出るたびに笑いと苦悶をくれる本。2021/05/07

さっちゃん

48
うちのワンコはツンデレ(ツン8割)だけど、確かに犬って表情は豊か。おばあちゃん犬になっておもちゃで全力で遊ぶこともなくなったけど、期待値マックスのキラキラ顔はご飯待ちにまだ見ることができる♪ そういえば、うちのワンコも散歩で逆立ちしてまで上の方にオシッコかけてるけど、あれは大きな犬っぽくプロフィール盛ってたのか。そうか。でも多分お友達にはチビってばれてるぞ。チワワだもん。2021/12/18

こも 零細企業営業

32
犬くん、、、何かポジティブだけどたまに怖いよww あと、実写の猫さんは犬くんより小さいくね?2021/04/13

るぴん

29
4〜6巻通読。犬くんと猫さまが可愛くてたまらん。トカゲのレオパちゃんも可愛い。犬と猫だけじゃなく、当たり前のようにトカゲとも会話(意思疎通)できる作者さんを尊敬する。2021/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17686280

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。