ちくま新書<br> ことばは国家を超える ――日本語、ウラル・アルタイ語、ツラン主義

個数:1
紙書籍版価格 ¥924
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ちくま新書
ことばは国家を超える ――日本語、ウラル・アルタイ語、ツラン主義

  • 著者名:田中克彦【著者】
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 筑摩書房(2021/04発売)
  • おうち時間応援!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~5/9)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784480073884

ファイル: /

内容説明

英語を初めて学んだ時、文の構造の違いや動詞の活用などに戸惑われた方も多いだろう。しかし世界には、単語を入れ替えさえすれば文意が通じる言語が多数存在する。ウラル・アルタイ語族に属する朝鮮語、トルコ語、フィンランド語、ハンガリー語、モンゴル語などだ。これらの言語は、文の構造ばかりか表現方法、つまりものの感じ方までもが共通している。このことから、言語を軸に連帯をはかろうとする運動、ツラン主義が一九世紀にハンガリーで現れた。それは虐げられた民族からの異議申し立てであり、その水脈は今も生き続けている。

目次

まえがき──この本を書く目的について
ヨーロッパの中の非ヨーロッパ語
ウラル・アルタイ語
ことばの仲間を見つけ出すこころみ
言語同系説と民族感情
言語学者たちの大冒険
『日本語がウラル・アルタイ語に属することの証明』
ウラル・アルタイ説とツラン主義
日本でのウラル・アルタイ学
言語学研究の二つのアプローチ
ことばとアイデンティティ
第一章 ウラル・アルタイ説の出現とその道のり
1 ウラル・アルタイ語族はどこにどう分布しているか
ウラル山脈とフィン・ウゴール語族
アルタイ山脈とトルコ族
トゥングース語と満洲
満洲語はいまも生きている
アルタイ語のなかまたち
2 最初に気がついたのは──スウェーデン人のストラーレンベルク
ロシアのシベリア研究
タッベルトの言語分類
3 ライプニッツの進言からエカテリーナ女帝の博言集への発展
人間にとって世界で最も重要な秘密
パラスの比較語彙集
言語と文学
第二章 言語の同系性を明らかにする方法
1 青年文法学派と音韻法則
考えそのものも表現も文法の中に現れる
音韻法則
エンゲルスと青年文法学派
2 自然科学主義と青年文法学派
青年文法学派の「青年」とは
音韻論受容の実際
アルタイ語の原郷
科学という妄信
音韻法則に対する根本的な疑問
3 「基礎語彙」論のあやうさ
アルタイ語と基礎語彙
言語年代学による水深測量
子どもがことばを変化させる
共通起源のたどりにくさ
朝鮮語から「山」が消えた
「畏れ」もことばを変える
ロシア語に「熊」がない
4 日本人の言語経験を言語類型論に結びつける
朝鮮語は驚くほど日本語と似ている
日本人の言語観が変わる外国語学習
第三章 言語類型論
1 類型論はフンボルトがはじめた
言語学の類型的研究
アルタイ語にはラ行ではじまる単語がない
言語の構造を追う
ベルリン大学をつくったフンボルト
フンボルトの言語類型論
人間の考え方は言語に限定される
外国語学習はまず観察してこそ
2 言語の三つの型
屈折型
膠着型
孤立型
屈折語のやっかいさ
英語を改良しようとした日本の文部大臣
孤立型の「舌足らず」性
3 言語の類型と進化論
類型の発生
フンボルトによる評価
中国語の内的豊かさ
屈折型は膠着型に流れる?
4 孤立語という難問
文法専門の道具
屈折型は膠着型より優れているのか
内的言語形式
5 語族ではなく「言語同盟」を──トルベツコーイ
トルベツコーイという言語学者
貴族だったトルベツコーイ
印欧祖語への疑問符
後置される冠詞
屈折語が優れている、というのは誤り
言語同盟
拡大された民族
6 膠着語に対する積極的評価
トルコ語は単純で論理的
英語の文法はムダで非論理的
変化しないままで変化する
7 言語類型の評価
膠着型言語の「不完全さ」
世界における日本語の位置
日本におけるウラル・アルタイ説論議の第一歩
第四章 日本におけるアルタイ語類型論の受容の歴史
1 音韻法則に幻惑された日本言語学の科学主義
日本での日本ブーム
大野晋という人
『日本語の起源』
言語学以外の学問も学んでこそ
日本の言語学会における類型論的把握への不信
大野晋によるアルタイ語の特徴
母音調和
大野さんのスタイル
「言語学以前に逆もどりする」──服部四郎による批判
服部さんも類型論が無言の前提だった
『日本語の起源』の新版
マルのイベリア・カフカス言語圏説
藤岡勝二によるアルタイ語の特徴
ヨーロッパの初期のウラル・アルタイ語研究
ヴィーデマンの一四項目
青年文法学派のくびき
日本の学問の根本問題
2 科学をたてにとる音韻法則と日常感覚に近い「言語類型論」
アルタイ語には「持つ」がない
ことばが意識を変える
ソシュールの「社会的事実」
3 固有表現へのこだわりこそが
社会的圧力を考察してみると
フェルン・ゼーアーとソヴィエティズム
ウラル語にも「持つ」はない
感性共同体
4 ロシア語にも「持っている」はない
ロシア語はウラル・アルタイの影響を受けてきた
ウラル・アルタイ語どうしだとことばの壁をこえられる
5 ハンガリー語における「片目」
比較言語学は有効か?
片目と一つ目
「片手落ち」
数に関するウラル・アルタイ語の構造的特徴
第五章 ツラン主義の誕生
1 マックス・ミュラーの「トゥラン諸語」
トゥラン語族
形態論的類似
2 トゥランは地理上どこを指すか
遊牧民の文明空間
蔑称としての「トゥラン」
3 ハンガリーに生じたツラン主義
ツラン協会の設立
一九八二年の「日本語の起源」研究会
相撲もツラン文化に由来する
4 テュルク諸族におけるツラン主義
反ロシアとツラン主義
イブラヒムの来日
5 満洲国を好機として
日本の軍部との接触
研究の自由
ウラル・アルタイ語族の政治的独立を
中国におけるモンゴル語ジェノサイド
6 民族は国家をこえる
複数の国家間に分断された民族と言語
言語を消滅させる政策
摘み取られたモンゴル語のローマ字化
弱者の連帯
7 トルベツコーイ──ユーラシア主義への発展
「タタールのくびき」
印欧語は完成した言語ではない
語族という概念の解体
「祖語」から「言語連合」へ
真の言語の「起源」
8 シャルル・バイイとトルベツコーイ
『一般言語学とフランス言語学』
「比較民族文体論」
あとがき
文献一覧