最後の弟子が松下幸之助から学んだ経営の鉄則

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy

最後の弟子が松下幸之助から学んだ経営の鉄則

  • 著者名:江口克彦
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • フォレスト出版(2021/03発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784866801247

ファイル: /

内容説明

■松下幸之助のそばで23年間仕えた最後の弟子が綴る松下DNA

松下幸之助の最後の弟子にして、元PHP研究所の代表取締役、
その後も参議院議員などを歴任した著者が、松下幸之助の経営哲学を語ります。

本書は松下幸之助の経営の考え方をベースに、コロナ禍で苦しむ経営者に、
「どんなに苦しくても、必ず夜明けが来る」というメッセージがちりばめられています。

■松下幸之助は、どんな困難にあっても社員を守り抜きました。
2年間利益がなくても、社員の給料が払えるほどの内部留保を築き上げたのも、
「社長一人(いちにん)の責任」「人間、偉大なる存在」という
「人間大事」の哲学が根底にあったからです。

そんな、人間・松下幸之助の言葉をじかに聞き、言葉ではなく、
その心を理解しようとしてきた著者は、PHP研究所在職時においても、
30年以上、増収増益を続け、師の教えを守り続けました。
そして、苦しい時ほど松下幸之助の哲学知ってほしいと、この本にまとめました。

著者のメッセージは、「災禍の時には開き直れ!そして収束後に、
誰よりも先に飛び出せるようにせよ!」。

経営者、ビジネスパーソンにとって、
「経営を考える」「仕事を考える」「自分を、いまを考える」ヒントが詰まった1冊です。


■経営の神様、松下幸之助が存命なら、いま何を言うのだろうか?
本書のなかで、著者は松下幸之助のことを、こう語っています。

「松下幸之助は『人間、偉大な存在』という『人間観』を、二十数年間、考え続けた。
1971年77歳で、この考えをまとめ終えたとき、『もう、死んでもいい』と呟いた。

彼のすべての行動・思考は、この『人間、偉大な存在』という人間観を土台として築かれ、
また、ここから発している。ゆえに、『松下幸之助』を論ずるなら、
この『人間を考える』の本源である『人間観』を感得し、理解しなければならない。
でなければ、まるで、『土台なき高層ビルの如き論』となるは必定である」

著者が松下幸之助の「人間観」を考え続けるなかで、さまざまな言葉を投げかけられます。

「きみは、経営者として失格や」
「わしの言う通りにやるんやったら、君は要らん」
「きみは、社員の家族の命を考えて、経営をしていないのか」
「会社が300人の頃が、いっとう、楽しかったな」
「こけたら、立ちなはれ!」
」「わしや。いや、別に用事は、ないんやけどな」……。

松下幸之助から言葉を投げかけられるたびに、師の心を考え行動し続けた著者。
その1つひとつの言葉が、いまのあなたの経営にも生かされるかもしれません。

経営とは何か。
経営者とは何か。

そんな問いに答えながら、本書を読んでいただければと思います。

■目次
はじめに

第1章 困難にあっても経営理念は揺るがず

第2章 経営者は哲学がなければならない

第3章 言葉ではなく心を読み取る

第4章 松下幸之助の「経営知」を知る

第5章 良き指導者は己おのれを律するを知る