AI・兵器・戦争の未来―米中覇権・最終戦争の行方

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,300
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

AI・兵器・戦争の未来―米中覇権・最終戦争の行方

  • ISBN:9784492444597

ファイル: /

内容説明

戦争の終焉か、人類の終焉か
AI全能兵器の進化で安全保障の世界は一変する!
米国第一人者が描く衝撃のシナリオ


◎本書は、戦争においてこれまで以上に増大する人工知能(AI)の役割について描いている。特に、21世紀前半の戦場を支配することになる自律型兵器(autonomous weapons)について検討する。次に、21世紀後半の戦場を支配する全能兵器(genius weapons)を検討する。いずれのケースでも、これらの兵器が生み出す倫理的葛藤と人類への潜在的脅威について論じる。
◎AIテクノロジーは絶え間なく飛躍的進歩を遂げている。AI研究者は2040年から2050年の時間枠で、AIは人間の知能と同等になる可能性が50パーセントであると予測。同じ専門家は、AIは2070年にはすでに「人間のあらゆる関心領域において人間の認知能力をはるかに超える」と予測している。
◎現在、アメリカ、ロシア、中国は致死性兵器システムの中でAIを精力的に開発・配備している。本書はAIの科学、戦争への適用、そしてその適用がもたらす倫理的ディレンマを探る。とりわけ人類絶滅のリスクを冒すことなく、AI兵器の能力を増強し続けることは可能なのか、という問題を扱う。(序章より一部抜粋)

目次

序 章 AI兵器の開発と人類絶滅のリスク
第Ⅰ部 第1世代ースマート兵器
第1章 はじまり
第2章 われは友好的ロボット
第3章 われは狂暴なロボット
第4章 新しい現実
第Ⅱ部 第2世代ーAI全能兵器
第5章 全能兵器の開発
第6章 自律型兵器の制御
第7章 倫理的ディレンマ
第Ⅲ部 戦争の終焉か、人類の終焉か
第8章 自動操縦による戦争
第9章 誰が敵なのか?
第10章 人類対マシン
終 章 自律型兵器と全能兵器を規制する緊急性