ひとりをたのしむ 大人の流儀10

個数:1
紙書籍版価格 ¥999
  • Kinoppy
  • Reader

ひとりをたのしむ 大人の流儀10

  • 著者名:伊集院静【著】
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 講談社(2021/03発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065230619

ファイル: /

内容説明

人は誰でも別れ、離れ、ひとりになる。そして誰にも静かな時間がやってくる。喧騒が消え、孤独が友となる。ひとりのときをじっと味わう。人生、こんなたのしみもあったのだと、気づく。――伊集院静 シリーズ累計206万部突破の大ベストセラー第10弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

241
伊集院 静は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。大人の流儀シリーズも読み続けて、第十弾まで来ました。シリーズ累計206万部突破とのことです㊗ 今回は、バカ犬ノボ君&新型コロナウィルスの巻でした🐕 今後も、本シリーズを読み続けて行きます。2021/04/29

おしゃべりメガネ

129
まさにタイトルどおり「ひとりでたのしむ」スタイルをしっかりと書き綴ったエッセイです。コロナ禍において、人とのかかわりやふれあいが激減せざるを得ない昨今において、改めて'ひとり'でいるコトの重要性や必然性を説いてくれています。果たして'ひとり'でいるコト自体がそんなに不幸なコトなのか。環境に応じて、'ひとり'になるコトはそんなにもつまらないモノなのか。決して'ひとり'になるコトが不幸せではないコトを改めて考えさせてくれます。伊集院さんも大病を患い、年齢も年齢ながら、これからもますますお元気でいてもらいたい。2021/06/01

うわじまお

41
大人の流儀シリーズ、初読み。サブタイトルにひかれて手に取った。当該テーマは少し香る程度だが、伊集院さんの語り口、考え方、生き方がにじみ出るエッセイ集。なんだか自分の父親に言動がよく似ています。元気になれる一冊でした。2021/05/27

おせきはん

37
くも膜下出血から復帰した著者のシリーズ最新刊です。著者の復帰が喜ばしかった一方で、愛犬ノボが亡くなってしまったのは残念でしたが、これからも作品の中で素直なノボに会えるのを楽しみにしています。2021/03/19

Hiroshi Ohno

22
恥ずかしながら伊集院静初読み。天涯孤独の自分自身を正当化すべくタイトルに釣られて読んでみたが、その点では全くの期待外れであった。エッセイ自体の文体はさすが大御所、素晴らしい。だが内容は、ノボとの絡みを除けば頷ける部分も半分、そうでないものも半分。底辺の人間目線から見れば上層階級へのやっかみは拭えない。そう言えば、著者の小説は日経朝刊にも連載されているけど夕刊の「ワンダーランド急行」しか読んでいない。シリーズ物のようだが差し当たって他を読む必要性は感じない。黄斑変性症は同病相憐む、お大事に。 ☆☆☆★★2021/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17572011

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。