水の大陸アジア:ヒマラヤ水系・大河・海洋・モンスーンとアジアの近現代

個数:1
紙書籍版価格
¥4,180
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

水の大陸アジア:ヒマラヤ水系・大河・海洋・モンスーンとアジアの近現代

  • 著者名:スニール・アムリス/秋山勝
  • 価格 ¥4,180(本体¥3,800)
  • 草思社(2021/02発売)
  • 青い空!白い雲!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/15)
  • ポイント 1,140pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794224941

ファイル: /

内容説明

世界最高峰のヒマラヤ山系に発する幾多の大河が流れるアジア。
その「水」の恩恵と災厄との格闘がそのままアジアの歴史でもある。
水の確保が人間の生活を支え、文明のかたちを定めてきた。
アジアが現在、世界人口の過半数を擁するのは、自然増加ではなく
綿々と続く水との格闘の成果でもある。
だが、近代以降の水利技術の発達、それによる政治社会システムの変化が
人口膨張、都市化の拡大、急激な経済開発を産み、その果てに水資源の枯渇や
水質の広範な汚染が引き起こされ、それが新たな地域格差と紛争を生み出している。

本書は近現代200年にわたるアジアについて、植民地帝国、資本主義、
独立革命といった従来の歴史視点に「水」という新しい次元を加えることで、
まったく新しい姿を描き出すものである。
気候変動によってさらなる水資源の枯渇と争奪、地政学的な変化が広がりつつある現在、
人間と水を考えるうえできわめて示唆に富んだ書である。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takao

1
ふむ2021/05/04

Go Extreme

1
アジアのいまを作ってきたもの:水をめぐるアジアの危機 エコロジーの変遷 インドからの視点 水と帝国:世界最大規模のガンジス運河の完成 サイクロンの姿を再現する 干上がった大地:干ばつ・飢饉 根本原因 恐怖の生態学 水をはらんだ大気:ヒマラヤの降雪の謎 気象学と地政学 水との格闘 水と自由:水資源とアジアの民族主義運動 ダムと放水路 海洋と地下:インド洋がモンスーンに与える影響 モンスーンの失敗と政治的混乱 水辺の歴史と記憶:アジアの水危機 緑の革命 巨大ダムの建設ラッシュ 水と気候変動の問題に取り組む2021/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17393440
  • ご注意事項